サムスンバイオロジックス、アストラゼネカと長期供給契約の締結…昨年の売上比54.8%規模

박수정 기자

登録 : 2020-09-22 16:32 | 修正 : 2020-09-22 16:32

[サムスンバイオロジックス、アストラゼネカと長期供給契約の締結…昨年の売上比54.8%規模]



サムスンバイオロジックスがグローバル製薬企業のアストラゼネカと3億3080万ドル(約3850億ウォン)規模のバイオ医薬品委託生産の長期供給契約を締結したと22日、明らかにした。

サムスンバイオロジックスによると、この契約は6月に締結した意向書(LOI、Letter Of Intent)に対する本契約で、原製及び完成バイオ医薬品を生産する医薬品委託生産契約だ。

電子公示システムによると、サムスンバイオロジックスの今回の契約金額は自社の最近の売上高比54.8%に上る規模だ。 契約金額は今後、顧客社の需要増加によって、5億4560万ドル(約6349億ウォン)規模に増加することができるとサムスンバイオロジックス側が説明した。 契約期間は前日から2023年12月31日までだ。

サムスンバイオロジックスは契約によって、アストラゼネカの原製・完成バイオ医薬品に対する大規模な生産を進める。 サムスンバイオロジックスは該当のバイオ医薬品を単一工場基準で世界最大の生産力を保有している第3工場で生産する予定だ。
top