北朝鮮の金正恩委員長、「かんばしくないこと・・・文大統領と韓国国民を大きく失望させ申し訳ない」

양정미 기자

登録 : 2020-09-25 15:23 | 修正 : 2020-09-25 15:27

[写真=聯合ニュース(射殺された韓国の公務員が搭乗していたムクゲ10号)]


北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は25日、西海(ソヘ)小延坪島付近の海域で行方不明になった韓国海洋水産部所属漁業指導船に勤務していた公務員射殺事件に対して「文大統領と南側(韓国)の国民大きく失望させたことを、非常に申し訳なく思う」と謝罪した。

徐薫(ソ・フン)青瓦台(大統領府)国会安保室長はこの日、春秋館ブリーフィングを通じて、北朝鮮の統一戦線部から送られてきた通知文内容を公開した。

北側は通知文で「南北の間の関係に面白くない作用がある事件がわれわれの水域で発生したことに対して貴側に申し訳なく思う気持ちを伝える」とし、金委員長は「そうでなくても悪性ウイルスの病魔の脅威に処した南側の同胞に助けの手どころかわれわれの水域でかんばしくないことが思いがけなく発生した」と述べた。

北朝鮮は金委員長の謝罪とともに韓国国民を射殺した事実を認めた。しかし、遺体の毀損の過程については否定した。むしろ韓国側の報道と関連して遺憾を表明した。

北朝鮮から送られたきた通知文によると、北朝鮮の兵士らは10発余りの銃弾で『不法侵入者』を射撃し、射撃後は動きや音がなかったため、10メートルまで接近して確認捜索を行った。

北朝鮮側は「侵入者は『浮遊物』の上にはなく、大量の血液が確認された」とし「射殺されたと判断し、浮遊物は国家非常防疫措置によって現場で焼却した」と明らかにした。
 
top