李在鎔副会長、19日にベトナム出国…首相と単独面談

박수정 기자

登録 : 2020-10-19 11:20 | 修正 : 2020-10-19 11:20

[李在鎔副会長、19日にベトナム出国…首相と単独面談]



李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が欧州出張から帰ってきた5日ぶりに、また海外出張の途についている。 今回はベトナムを訪問し、ベトナム首相と単独会談を開く予定だ。

18日、業界によると、李副会長は19日、ベトナムへ出国するものと知られた。 20日にはグエン・スアン・フックベトナム首相と単独面談が予定されている。

当初、同副会長は今年2月、ベトナムのハノイTHT新都市地区に建設するサムスン電子の研究開発(R&D)センターの起工式に参加しようとしたが、コロナ19の拡散で、行事がキャンセルされ、白紙化された。

しかし、最近、ベトナム政府が外交官と企業家などの自己隔離を免除するファースト・トラック(迅速通路・入国手続きの簡素化)を適用することにしながら、李副会長が出張を決定したものとみられる。

李副会長は今回の出張で、 グエン・スアン・フック首相と個別面談を持って、ベトナム事業の協力案などを話し合うものとされている。 李副会長は昨年も韓国を訪問したグエン・スアン・フック首相と面談した。 当時、グエン・スアン・フック首相は李副会長に携帯電話のほかに、半導体生産工場を設立してほしいと要請した。

ベトナムはサムスン電子の携帯電話の最大生産基地だ。 現在、ベトナム北部のバクニン省とタイグエン省に携帯電話の工場を、ホーチミン市にTV・家電製品の生産施設を保有している。 これを通じて、サムスン電子はベトナム経済と雇用創出に貢献している。

今年2月からはベトナムのハノイTHT新都市地区に東南アジア最大規模の研究開発(R&D)センター建設工事も開始した。 李副会長は今回の出張で、ハノイに建設中のR&Dセンターと携帯電話の工場などを直接見て回って、役職員を激励する予定だ。

このように、李副会長はコロナ19で中断したグローバル現場経営活動を再開している。 これは5月、中国西安の半導体工場の訪問後、5ヵ月ぶりだ。

これに先立ち、李副会長は8日から6泊7日間、欧州出張に行ってきた。 彼は半導体装備の協力社であるオランダのASML本社を訪れ、Peter Wennink最高経営者(CEO)に会った。 彼らは人工知能(AI)など未来半導体に向けた次世代の製造技術の開発協力などを議論した。

ASMLはサムスン電子のシステム半導体部門1位の達成に必要なEUV露光装備を事実上独占供給する企業である。 サムスン電子は2000年代からASMLと超微細半導体工程技術と装備の開発に向けて協力してきたし、2012年にはASMLに対する戦略的持分投資を通じたパートナーシップを強化した。
top