洪楠基副首相「対面経済活性化のために金融・教育など8大分野に1.6兆ウォン投入」

양정미 기자

登録 : 2020-11-19 10:19 | 修正 : 2020-11-19 10:19

[写真=企画財政部提供]


洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は19日、「金融、医療、教育など非対面経済を先導する8大非対面有望分野に対し、来年1兆6000億ウォンを投資、果敢に支援する」と明らかにした。

洪副首相は同日午前に開かれた第20回非常経済中央対策本部会議兼第5回韓国版ニューディール関係長官会議でこのように述べた。

8大非対面有望分野は、△金融 △医療 △教育・職業訓練 △勤務△ 小商工人(自営業) △流通・物流 △デジタルコンテンツ △行政などだ。

彼は「金融分野では公認認証制度の廃止、非対面保険募集などの許容、医療部門ではスマート病院18の先導モデルの構築、健康脆弱階層12万人を対象にデジタルケアモデル事業などを推進する」とし「政府も300種余りのAll-Digital苦情処理システムの構築などを通じて知能型政府への転換を速やかに行う計画」と強調した。

また、非対面経済基盤作りのレベルで、非対面移動通信への加入許容やフラットフォーム・入店企業間の公正取引秩序の確立に向けた法律制定も推進する。

洪副首相は「非対面経済活性化のためには革新企業が多くなければならないので、今日の会議では『K-非対面グローバル革新ベンチャー100プロジェクト』も同時に上程して議論する」とし、「2025年までに非対面スタートアップ1000社を発掘し、R&Dなどを集中的に支援するほか、計9兆ウォン規模の非対面企業専用融資・保証・投資プログラムも別途運営する」と述べた。

また「国内(韓国)の需要創出のため2021年までに16万の中小企業に非対面サービスバウチャーを支給(計6400億ウォン)し、2000億ウォン規模のグローバルベンチャーキャピタルファンドも造成して、非対面企業の海外投資誘致も積極的に支援する」と述べ、「このような支援を通じて現在10社程度のグローバル非対面革新ベンチャー企業を2025年までに100社水準に拡大する」と付け加えた。

この他にも、長期間の国際線運航中断により航空・観光・免税業界は雇用不安や企業が危機に瀕した状況でこれら航空被害業界を支援し、消費雰囲気を拡大するために新しい観光形態の「無着陸国際観光飛行」も導入する。

洪副首相は「韓国経済の成長経路自体を一段階アップグレードしなければならない非常に重要な時期である」とし、「来月中旬に2021年の経済政策方向を発表する」と述べた。
top