サムスンエンジニアリング、ハンガリーで電池箔プラントの受注

박수정 기자

登録 : 2020-11-19 16:38 | 修正 : 2020-11-19 17:56

[サムスンエンジニアリング、ハンガリーで電池箔プラントの受注]



サムスンエンジニアリングがハンガリーで電池箔プラントの受注に成功した。

サムスンエンジニアリングのハンガリー法人は17日(現地時間)、斗山ソルースと「ハンガリー電池箔第2工場の増設工事」についての契約を締結したと18日、明らかにした。

今回の契約規模は約1500億ウォンで、サムスンエンジニアリングがEPC(Engineering、Procurement、Construction、設計・調達・工事)を単独で遂行することになる。 2022年の完工を目標にしている。

今回のプロジェクトはハンガリーの首都ブダペスト西側50kmに位置したTatabánya産業団地内で行われる。

既存に稼働中の工場に年産1万5000t規模の電池箔プラントを増設する事業だ。 このプラントでは電気車バッテリーの陰極材のコア素材である銅箔を生産することになる。

サムスンエンジニアリングは第1工場の建設工事に続き、今回の第2工場事業まで斗山ソルースから再び受注に成功した。

第1工場は年産1万トン規模の施設で、サムスンエンジニアリングが工事を進行し、現在稼動中だ。
top