第3四半期、機関の海外証券投資3400億ドル突破・・・史上最多

양정미 기자

登録 : 2020-11-27 13:57 | 修正 : 2020-11-27 13:57

[写真=聯合ニュース]


今年第3四半期、韓国の機関投資家らが海外株式や債券に投資した残高が計3400億ドルを突破した。

韓国銀行が27日に発表した「第3四半期の主要機関投資家の外貨証券投資動向」によると、9月末の韓国の主要機関投資家の外貨証券投資残高(時価基準)は3454億ドルを記録した。前四半期より89億ドル増えた数値で、史上最大だ。

韓銀は「機関投資家の海外株式投資が増えた中、株価上昇などで評価額が増加した影響」と説明した。第3四半期の主要国株価上昇率は、米国が7.6%、日本は4.0%上昇した。

商品別では外国株式への投資が1226億5000万ドルで74億4000万ドル増えた。外国債券への投資も1794億3000万ドルを記録し、12億4000万ドル増加した。コリアンペーパー(韓国の企業、金融機関が海外で発行する外貨建て証券)への投資も同様に2億ドルが増えた。

機関別では、資産運用会社の投資残額が91億ドル増えた。保険会社は9億ドル、外国為替銀行は1億ドルの投資がそれぞれ増加した。一方、証券会社の投資残高は12億ドル減少した。
 
top