サムスン電子、米インテルのファウンドリアウトソーシング獲得できるか

박수정 기자

登録 : 2021-01-12 15:10 | 修正 : 2021-01-12 15:11

[サムスン電子、米インテルのファウンドリアウトソーシング獲得できるか]



サムスン電子が米半導体企業のインテルが予告したファウンドリ(半導体受託生産)アウトソーシングを獲得できるか注目される。

11日、関連業界によると、インテルは今月中にファウンドリを外部メーカーに任せる案を推進する。 インテルは21日に予告された昨年4四半期の実績発表で、アウトソーシングするかどうかを公式化するという観測が有力だ。 9日(現地時間)、ブルームバーグ通信は"インテルがサムスン電子、TSMCと一部のチップ生産、アウトソーシングについて協議している"とし、2週間以内にインテルが最終決定を下し、これを発表するだろうと見込んだ。

インテルがアウトソーシングを推進する背景には"半導体生産技術が以前より及ばない"、"7nm(ナノメートル・1nm=10億分の1m)以下の微細工程への転換に困難を経験している"という指摘によるものとみられる。 現在、インテルは回路線幅10ナノメートルの工程で製品を量産している。 線幅が狭いほどもっと小さくて効率性の高い高性能の半導体を作ることができる。

しかし、最近、インテルはファウンドリ技術力の低下を指摘されている。 昨年、米国のある行動主義ファンドは"インテルがサムスンとTSMCなどに追いやられたとし、戦略的な代案を模索せよ"と促した。 様々な圧迫に追い込まれ、昨年10月、Robert Swanインテル最高経営者(CEO)は"2021年1月末までは自主的な7ナノ生産能力を拡大するか、ファウンドリ会社に委託生産するかどうかを決定する"と明らかにした。

証券街ではひとまずインテルが7ナノ以下製品を同じ総合導体会社(IDM)のサムスン電子よりファウンドリ専門のTSMCに任せるという観測が優勢だ。 ただ、TSMCの7ナノ以下の生産ラインが飽和状態であり、インテルは同様のレベルの技術力を保有しているサムスン電子に分離生産を任せることができるという観測も出ている。

この場合、「半導体皇帝」と呼ばれるインテルが持つ象徴性のため、サムスン電子のファウンドリーはいっそう力を受けることになる。

サムスン電子は現在、TSMCとのファウンドリ格差を縮めるため、先端工法に勝負をかけた。 サムスンは5ナノまで技術競争でTSMCに劣るという評価だったが、3ナノから現在のFinFET構造よりも進んだ次世代トランジスタ構造「GAA(Gate-All-Around)」FET工程で、TSMCとの格差を縮めるという腹案だ。

このような中、最近、台湾メディアのDigiTimesはTSMCが技術的問題とEUV装備の導入の遅れなどで、3ナノ工程開発の延期説を提起し、サムスン電子のファウンドリ技術力に対する期待感を高めている。

証券街はサムスン電子のファウンドリ売上が昨年14兆ウォンから今年は最大20兆ウォンにまで急増するという見通しだ。

業界関係者は"10㎚以下の超微細工程を消化することができる企業は世界でサムスン電子、TSMCの2社しかない"、"ファウンドリ専門のTSMCの技術力と市場地位をサムスン電子が短期間に超えることは容易ではないが、インテルのアウトソーシングを受注した場合、市場状況は変わる可能性もある"と展望した。
top