[CES 2021] 電装事業に拍車をかけるLG電子…"Alluto、出撃準備完了"

박수정 기자

登録 : 2021-01-14 11:22 | 修正 : 2021-01-14 11:22

[[CES 2021] 電装事業に拍車をかけるLG電子…"Alluto、出撃準備完了"]



LG電子とスイスのソフトウェア企業
Luxoft」が設立した合弁法人「Alluto」がすべての準備を終えて27日に発足する。

これで先月、設立が決定されたLG電子とカナダ自動車部品会社「Magna」の合弁法人「LG MagnaPowertrain(仮称)」とAllutoがどのようなシナジー効果をもたらすのか注目される。

LG電子とLuxoftは12日(米現地時間)、世界最大の技術展示会「CES 2021」で開催された「LG未来技術対談」を通じて、Allutoの出撃計画を公開した。 LG電子とLuxoftは昨年1月、米ラスベガスで開催されたCES 2020で、合弁法人の設立のための協約を結んでいた。

朴日平(パク・イルピョン)LG電子CTO(社長)は"新しい合弁法人のAllutoが27日、オンラインでローンチングする予定"とし、"未来車分野でもう一つの興味深い旅が始まるだろう"と明らかにした。

Allutoは「ウェブOSオート」プラットフォームを基盤に、カーオーディオの核心であるヘッドユニット、後部座席エンターテインメントシステムなど車両用統合インフォテインメントシステムを市場に披露するものと見られる。

LuxoftのDmitry Loschinin CEOは"ウェブOSはスマートTVから冷蔵庫まで計1億2000万個の機器に適用され、この数は毎年2000万個ずつ増えている"、"これを基盤にしたウェブOSオートは私たちに「車両内の経験」を考えさせる機会になるだろう"と説明した。

最近、未来車電装部品のトレンドは車両内でどのような新しい経験を消費者に提供するかに焦点が当てられている。

LG電子も多様な分野の企業と作った合弁法人を通じて、全く新しいコンセプトの車両内の経験を作るのが当面の課題だ。

朴社長は"車両内の経験の新しい概念を提示するために最も重要なのは、ハードウェアとソフトウェアの緊密かつ躍動的な相互作用"とし、"制限された空間でよく調和し、新たな可能性が生成される"と方向性を提示した。

同日の対談で、LG電子は事務室、会議室、作業室など業務的な空間から個人用劇場、ショッピングモール、寝室などプライベートな空間までに未来自動車の時代に様々な車内の空間活用事例を公開した。

これによると、これから先の未来車はソフトウェアにいくつかのアプリケーション(アプリ)を設置するレベルを越え、車両内のすべての空間で根本的な変化が実現する見通しだ。

一方、朴社長は11日に公開されたLGローラブルフォンと関連した質問に対し、"今年初め、広がるスクリーンを搭載したローラブルフォンを市場に出すことができるだろう"とし、"ローラブルディスプレイ技術のおかげで、新たな可能性を模索できるようになり、これを通じて、私たちの生活の基礎的な段階から変化があるだろう"と答えた。
top