現代自、「アイオニック5」ティーザーイメージ披露…来月、世界で初めて公開行事

박수정 기자

登録 : 2021-01-14 13:29 | 修正 : 2021-01-14 13:29

[現代自、「アイオニック5」ティーザーイメージ披露…来月、世界で初めて公開行事]



現代(ヒョンデ)自動車が専用電気自動車ブランド「アイオニック」の最初のモデルであるアイオニック5の外部ティーザーイメージを13日、初めて公開した。 来月、世界初の公開イベントも行なわれる。

アイオニック5は現代自グループの電気車向けプラットフォームであるE-GMPを初めて適用したモデルだ。 E-GMPは電気自動車だけのために最適化された構造で設計され、車種によって1回の充電で、最大500km以上(WLTP基準)走行することができる。 800V充電システムを備え、超高速急速充電器の使用時、18分以内に80%充電が可能だ。

アイオニック5にはアイオニックブランドの重要デザイン要素であるパラメトリックピクセルと自然親和的なカラー・素材が反映された。 ヘッドランプと尾灯、ホイールなどに適用されたパラメトリックピクセルはイメージを構成する最小の単位であるピクセルを形象化してデザインしたアイオニック5だけの差別化されたデザイン要素で、アナログとデジタルを融合し、世代を貫通するという意味を盛り込んだ。

現代自は今後売される専用電気自動車モデルに自然親和的なカラーと素材の使用を拡大し、アイオニックが持続可能なブランドとして位置づけることができるようにする方針だ。

李サンヨプ現代デザイン担当専務は"アイオニック5を通じて、従来見られなかった新しいデザイン経験をプレゼントするだろう"とし、"アイオニックブランドは電気自動車デザインに新しい基準を提示するだろう"と述べた。

一方、現代自はアイオニック5を通じて、消費電力の高い電子製品を活用する「究極のキャンピング」3本とアイオニック5が様々なデジタル機器と充電関連の対決を繰り広げる「5分チャレンジ」1本などアイオニック5の核心技術を盛り込んだ映像4本も披露した。
 

[現代自、「アイオニック5」ティーザーイメージ披露…来月、世界で初めて公開行事]

top