サムスン電子、昨年の米特許取得2位...1位はIBM

박수정 기자

登録 : 2021-01-14 14:03 | 修正 : 2021-01-14 14:24

[サムスン電子、昨年の米特許取得2位...1位はIBM]



昨年、サムスン電子が全世界の企業のうち、米国で2番目に多い特許を取得したことが分かった。 1位はIBMが占めた。

14日、業界によると、米国の特許情報専門会社のIFI CLAIMSが発表した「2020年の米国特許取得のトップ(TOP)50」ランキングで、サムスン電子は昨年、計6415件の特許を取得したものと集計された。

2019年の6469件と比較して1%減少したが、順位は変わらなかった。 サムスン電子はIFI CLAIMSが特許取得ランキングを発表し始めた2011年から昨年まで10年連続の2位を達成した。

1位に上がったIBMは9130件の特許を獲得した。

このほか、キヤノン、マイクロソフト、インテル、TSMC、LG電子、アップル、ファーウェイ、クアルコムなどが上位10位に名を連ねた。

20位以内に韓国企業の中にはサムスンディスプレイ、現代自動車なども含まれた。

米国内の特許取得のトップ50企業を国家別に見ると、米国企業が21社で最も多く、Δ日本15社 Δ韓国8社 Δ欧州3社 Δ中国2社 台湾1社の順と集計された。
top