[CES 2021] "AIがレシピ・食品推薦"…CJネットワークス・LG電子、個人化家電技術の協力

박수정 기자

登録 : 2021-01-14 14:37 | 修正 : 2021-01-14 14:37

[[CES 2021] "AIがレシピ・食品推薦"…CJネットワークス・LG電子、個人化家電技術の協力]



人工知能(AI)が冷蔵庫の中の食材と使用者の好みに合わせてレシピを推薦するスマート家電技術がCES 2021現場で公開された。 CJオリーブネットワークスとLG電子が技術協力を通じて開発した個人化食品・レシピ推薦AI技術「Recipick」だ。

CJオリーブネットワークスとLG電子はCJ第一製糖の製品やレシピデータとLG電子のスマート冷蔵庫を連結し、顧客が家電製品と相互作用を通じて生活オーダーメイド型コンテンツの提供を受けることができる技術を検証したと14日、明らかにした。

CJオリーブネットワークス・DT融合研究所は昨年9月からLG電子・人工知能研究所とデータ基盤の製品・サービスの融合やスマートデバイスを活用したR&D協業を推進してきた。 データをベクトルに変換させてくれる「Food2Vec」技術を活用し、CJ第一製糖の各種料理レシピと食材、SNS食品レビューなどのデータを学習させた。 この技術が適用されたスマート冷蔵庫を使用する顧客はAIでイメージや映像を認識するLG電子のVision Pack技術を通じて、冷蔵庫の中にある食材をスマートフォンで確認することができる。 自分のライフスタイルに合うレシピだけでなく、レシピに似合う食品の推薦も受けることができる。

両社の協力技術はLG電子がCES 2021で進行した「LG Future Talk」行事中にVision Packの紹介映像で公開された。 この映像は使用者が冷蔵庫と連結されたスマートフォンで、冷蔵庫の中のビビゴ唐辛子ソース(GOTCHU)と野菜など食材料を確認し、顧客が好むメニューの好みを反映し、ビビゴ餃子料理レシピを推薦される内容で構成された。

チャ・インヒョクCJオリーブネットワークス代表は"IT技術を媒介に家電製品や食品データを融合し、消費者との相互作用を強化することができる"、"今後、両社間のデータ結合を通じて、さらに高度化された技術で、消費者の暮らしの質を向上させ、顧客中心の技術革新に寄与する予定"と述べた。

Recipick技術は様々な顧客行動データを結合し、使用者の生活に合わせた食品やレシピ推薦サービスに高度化される予定だ。
 

[[CES 2021] "AIがレシピ・食品推薦"…CJネットワークス・LG電子、個人化家電技術の協力]

top