起亜自のe-ニロ、英国「What Car? Awards」本賞受賞

박수정 기자

登録 : 2021-01-14 17:03 | 修正 : 2021-01-14 17:03

[起亜自のe-ニロ、英国「What Car? Awards」本賞受賞]



起亜(キア)自動車は13日(現地時間)、英国の自動車賞「2021 What Car? Car of the Year Awards」で、e-ニロ(韓国名:ニロEV)が小型電気自動車部門の本賞を受賞したと明らかにした。

1978年に初めて始まり、今年で44回を迎えたWhat Car? Awardsは欧州内で最高の権威を誇る英国代表の自動車専門メディア「What Car」が主催する自動車の授賞式だ。

起亜自は△2018年ピカント(今年のシティーカー)が受賞をしたのに続き、△2019年ニロEV(今年の車)、ピカント(今年のシティーカー) △2020年ピカント(今年のバリューカー) △2021年ソレント(今年の大型SUV)など4年連続受賞の快挙を抱えた。

ニロEVは455キロの優れた1回の充電時の走行可能距離(WLTP基準)とクラスで最高水準の空間活用性など最上の商品性と合理的な価格を備えて高い点数を受けた。

ニロEVが英国で高く評価されたのは今回が初めてではない。 2019 What Car? Awardsの今年の車の受賞、2020 英国の今年の車(UKCOTY)ベストクロスオーバー受賞など2019年1月の発売開始以来、英国で引き続き良好な評価を受けた。

さらに、2019年、電気自動車レース「フォーミュラE」を扱う米国CNNの「Supercharged」番組の司会者がニロEVに乗って、英国ロンドンから出発し、フォーミュラEの 8ラウンドが行われるフランス・パリまで約370キロを充電なしに一度に移動する内容を紹介したりもした。

一方、起亜自は昨年12月、排気ガスを減らしてきれいな環境に貢献する運送手段関連企業を選定する英国GreenFleet Awardsで、「2020 今年の電気車(EV)製造会社」に選定された。
top