丁世均首相「来月初め、5万人のワクチン接種が目標」

양정미 기자

登録 : 2021-01-20 11:15 | 修正 : 2021-01-20 11:15

[写真=聯合ニュース(20日午前、ソウル政府庁舎で開かれた新型コロナウイルス感染症対応中央災難安全対策本部会議を主宰している丁世均国務総理)]


丁世均(チョン・セギュン)国務総理(首相)は20日、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)のワクチンを来月初めか中旬に導入して接種することを目標にしていると明らかにした。ワクチンは複数の国で共同購入する国際的な仕組み『コバックスファシリティ(COVAX facility)』からワクチン10万ドーズ(5万人分)を優先的に確保するという計算だ。

丁首相はこの日午前、MBCのラジオ番組に出演し、「コバックスファシリティと契約した1000万人分のうち、2月に到着する可能性がある10万ドーズ(5万人分)について協議中」と述べた。

2月初めか中旬に最初の接種が可能かという質問には、「そうするために万全の準備をしている」とし「第1次接種は医療スタッフになる可能性が最も高い」と述、接種順序も論議中だと付け加えた。

引き続くコロナ19拡散の影響で、政府による営業制限措置の施行に伴う産業界の損失が拡大しており、『行政上の損失補償』条項に基づいて補償すべきだという指摘も出ている。これに対して丁首相は、「上半期中の立法を目標にしている」と答えた。

また「コロナが長引くと予想できず、防疫に集中した」とし「営業停止状況の前に防疫に成功するつもりであって、営業を禁止させようという考えをしなかった側面もある」とし「今年中には立法が実現するよう、最善を尽く」と述べた。
top