大韓航空-デルタ、国内旅客操業も一緒に行う

박수정 기자

登録 : 2021-01-20 13:12 | 修正 : 2021-01-20 13:12

[大韓航空-デルタ、国内旅客操業も一緒に行う]



大韓航空が米航空会社のデルタ航空と同盟関係をさらに強固にする。 大韓航空の新型コロナの克服はもちろん、今後、アシアナ航空の買収後、シナジーの拡大にも寄与するものと期待される。

19日、業界によると、デルタ航空は最近、大韓航空と自社の国内旅客操業契約に向けた協議をしている。 既存の旅客操業を代行した「スイスポート」の代わりに大韓航空を新しいパートナーに事実上決定したわけだ。 現実化すれば、大韓航空の旅客操業系列会社であるエアコリアで関連業務を遂行するものと見られる。

旅客の操業は乗客の搭乗と手続きなどを支援する航空サービスの総称である。 航空会社と顧客が初対面するサービスであるだけに、重要度の高い業務で、デルタ航空はこれまで外資系操業会社に国内の旅客操業を一任した。 費用と専門性などで競争優位を占めたためだ。

実際、中国のHNAグループが所有したスイスポートは40カ国、170あまりの国際空港で旅客を含めた地上操業業務を遂行しているグローバル企業だ。 価格と専門性で対内外的に認められている会社という意味だ。

それにもかかわらず、デルタ航空が大韓航空を選択した背景には先代から続いた同盟関係がある。 両社は2018年5月、ジョイントベンチャーの本格稼動以後、主要路線を一つの会社のように運営している状態だ。 今回の決定で、新型コロナの危機も一緒に克服しようという意志を表明したのだ。

業界関係者は"大半の外国系航空会社は規模の経済を実現し、価格などで有利な専門の旅客操業会社を国内で活用している"、"デルタ航空の今回の決定は単純な利害関係を越え、協力レベルで推進していること"と伝えた。

デルタ航空は趙源泰(チョ・ウォンテ)会長が韓進グループの首長に上がって以来、彼が難しい時は味方として力になっている。 一例として、趙会長と3者連合の争いが盛んだった昨年3月にもデルタ航空は韓進KALの株式176万1074株(2.98%)を場内の買収で追加取得し、直前報告日の持分率の11%から13.98%まで拡大した。 デルタ航空がなかったら、趙会長の経営権の死守も容易ではなかったものと業界ではみている。

特に、新型コロナに厳しい中でも韓進KALの持分を守り、趙会長の「後援者」を自任している。 デルタ航空は米国で「トップ3」に含まれる航空士だが、新型コロナで昨年3四半期の純損失が54億ドルに達する。

このほかにもデルタ航空は昨年初め、Steve Searデルタ航空国際線社長の韓国訪問の推進などを通じ、両社の堅固さを誇示したことがある。

業界関係者は"デルタ航空は大韓航空が難しい時、同盟としての役割を忠実にしている"、"両社の同盟は新型コロナの克服だけでなく、今後のグローバル航空市場の再編の局面で、各社の役割を拡大するのに大きなシナジーになるだろう"と述べた。

ただ、大韓航空の関係者は"デルタ航空との旅客操業契約と関連し、現在決定されていない"と述べた。
top