[シン・グニョンのコラム] イーロン・マスクとビットコイン、そして金

양정미 기자

登録 : 2021-02-17 10:05 | 修正 : 2021-02-17 10:24

[執筆・写真=韓国ブロックチェーンスタートアップ業協会のシン・グニョン名誉会長]


革新のアイコンであるテスラのイーロン・マスク氏が先月、15億ドル(約1兆6500億ウォン)相当のビットコインを購入したと発表した。筆者はこのニュースを聞いて、テスラのビットコインの平均購買単価とマスク氏がビットコインの価格をいくらと予想して投資したかを考えてみた。

購買当時の価格はおそらく概ね3万ドル(約3300万ウォン)水準と推定され、マスク氏の過去の行動から見て、収益性よりは一定の目的を持った長期投資ではないかと考えられる。また、もしかしたらビットコインを追加購入するのではないかと予想される。マスク氏は個人の資金ではなく、テスラの資金でビットコインを購入した。つまり、投資したわけだ。世界最高企業の最高経営者(CEO)が巨額を投入するということは、万が一ビットコイン投資で大きな損失を被る場合、マスク氏の地位はもちろんテスラも大きな傷を負うことになる。そのため、緻密な分析と慎重な検討過程は当然に経ただろう。それならテスラでビットコイン投資過程に参加した人々はビットコインの未来をどのように判断したのだろうか。ビットコインを貨幣として判断したのか、それとも金のような価値貯蔵の手段として見なしたのか。

人類の歴史は金を確保するための闘争の歴史だ。14世紀からヨーロッパ人は金を求めて新大陸とアフリカを探し回り、古代ローマ帝国で現在まで全世界どこでも価値を認められた唯一の財貨は金だった。金貨は最高の貨幣であったのだ。しかも金は代表的な資産保全手段として脚光を浴びてきた。第2次世界大戦後、基軸通貨として定着したドルも金本位貨幣だったが、1971年、ニクソン米大統領が電撃金本位制を放棄し、全世界はフィアット通貨(フィアット・カレンシー)の時代に突入した。しかし、金は貨幣の役割より安全資産の役割が目立ち、産業用需要も極めて低く、商品としての価値より、ただの価値貯蔵手段として定着している。現在、統計で明らかになった世界の金の総資産価値は約10兆ドルに達する。

映画「スター・ウォーズ」では宇宙で通用する貨幣を「クレジット」と呼ぶが、映画の中では金をはじめ宇宙の全ての金属と物資を原子結合で即席で製造して使う。すなわち、宇宙共同で価値が認められる貴重な鉱物は存在しない。結局、宇宙貨幣は相互信頼基盤のクレジットが基軸通貨になるが、映画の中でも帝国の滅亡が目前に迫り、あちこちで冷遇される姿まで現れる。

著名な経済学者のミルトン・フリードマンの著書『貨幣の悪戯(Money Mischief)』には、ミクロネシア連邦のヤップ島で使われた石貨幣に関する興味深い話がある。ある富豪が貴重な石貨幣の主人になったが、いかだでその石を運ぶ途中嵐に遭った。運搬者を助けるためには石を海に捨てるしかなかったが、生き残った人がその石を落としたのは主人の過ちではなく、人々を助けるためのやむなき措置だったという証言を通じて正当な紛失理由が明らかになると、実物はなくても住民は海に落ちた石の価値を認めた。その後、海中の石貨幣は主人の家にあるのと同じ効果を持ち、購買力を認められたというのだ。

このように貨幣は実物の有無を問わず、誰もが共感し認められるクレジットがあってこそ、その価値が維持される。最近、1ビットコインの価格が5000万ウォンを超えると、ビットコインに対するさまざまな推論や主張が飛び交っている。金は立派な価値保存の手段だが、移動と保管が難しく、簡単に取引できない短所がある。また、金は持続的に採掘されており、大規模な金鉱の発見も可能だろう。しかし、ビットコインは供給数量が限られており、保管と価値移転が容易で、ビットコイン価値を信頼する数多くの取り巻きが存在し、最終的には価値保存と交換の手段として位置づけられると期待する。おそらくマスク氏の考えも筆者とあまり変わらないと思う。

「ピロストラトス」と呼ばれるギリシャの哲学者は「神は未来を認識し、平凡な人々は現在を認識し、賢明な人々は明日起こることを認識する」と語る。投資の世界でも神は未来を見て、 凡人は現在に生きるが、賢者は明日を読んで先に動き、賢い人は賢者に従う。凡人はマスコミの騒音の中に埋もれてしまうが、賢者は騒音が送る意味に耳を傾ける。マスク氏は賢者か?そしてあなたは賢い人なのか、凡人なのか?



 
top