​サムスン重工業、4隻の追加受注…1週間で1.2兆ウォンの受注

박수정 기자

登録 : 2021-02-19 16:28 | 修正 : 2021-02-19 16:48

[​サムスン重工業、4隻の追加受注…1週間で1.2兆ウォンの受注]



サムスン重工業が一週間の間、LNG(液化天然ガス)燃料推進船9隻、約1兆2000億ウォン規模の受注を達成した。 LNG船に代表されるエコ船舶市場での受注を繰り返しながら、今年の実績見通しも明るくなった。

サムスン重工業は18日、オセアニア地域の船社からLNG燃料推進の超大型原油タンカー(VLCC)4隻を計4587億ウォンで受注したと公示した。 15日、7812億ウォン規模のLNG船5隻を受注したと発表してから3日ぶりだ。

英国の造船・海運市況分析会社のクラークソン・リサーチのデータによると、サムスン重工業は今回の4隻の契約を含め、全世界のLNG燃料推進タンカーの計46隻のうち、26隻を受注し、世界市場占有率を57%まで引き上げた。

今回受注した船舶は硫酸化物と二酸化炭素など船舶大気汚染ガス排出規制を満足するためのエコ技術が多く適用された。

メイン推進燃料であるLNGを使用するため、サムスン重工業が独自の技術で開発した△高圧ガス-ディーゼルエンジン(ME-GI)用のLNG燃料供給システム(S-Fugas) △船舶の摩擦抵抗を減らす各種エネルギー低減装置(Energy Saving Device) △推進エンジン軸の回転力を利用して電力を生産する軸発電機の搭載などが搭載される。

サムスン重工業は最近、LNG燃料水sンの核心技術である燃料供給システムに対するエンジニアリング力量を従来の低圧用ガス-ディーゼルエンジン(X-DF)から高圧エンジン(ME-GI)まで広げた。 すべてのLNG燃料推進船に対する技術対応が可能となることで、エコ船舶の受注競争で頭角を現している。

サムスン重工業の関係者は"造船海運業界にエコ規制が強化されるほど、LNG燃料推進船の需要はさらに拡大される見通し"とし、"絶え間ない技術開発と建造実績をベースに、エコ船舶市場での主導権を引き続き維持していく"と述べた。

一方、サムスン重工業は現在までLNG運搬船1隻、コンテナ船9隻、原油運搬船4隻など多様な船種にわたって計14隻、17億ドルの受注を記録し、今年の受注目標(78億ドル)の22%を達成している。
top