ビットコイン、時価総額1兆ドル突破・・・6ヵ月間360%↑

양정미 기자

登録 : 2021-02-20 10:58 | 修正 : 2021-02-20 10:58

[写真=Gettyimagesbankt]


仮想通貨であるビットコインの時価総額が1兆ドル(約1100兆ウォン)を突破し、最近上昇の勢いが続いている。

19日(現地時間)、米経済専門メディアのCNBCは、コインデスクを引用して同日、ビットコインの時価総額が初めて1兆ドルを超えたと報じた。

韓国時間基準で20日午前8時47分現在、コインデスクによると、ビットコイン価格は24時間取引比7.94%高騰した5万22ドルで取引されている。時価総額は1兆400億ドルだ。これはテスラの時価総額7000億ドルより高い水準だ。

CNBCは、ビットコインの価格がこの6ヵ月間で約360%上昇したとし、直接的な比較は難しいが、1兆ドルの時価総額はごく少数の企業だけが達成した領域だと説明した。ロイター通信は、ビットコインをはじめ、全ての仮想通貨の合算時価総額を1兆7000億ドルと試算した。

ビットコインの時価総額1兆ドル突破は、最近グローバル大企業と金融機関が仮想通貨に対する投資と採択計画を相次いで発表した影響だ。

イーロン・マスク最高経営者(CEO)が率いるテスラはこれに先立ち、15万ドル規模のビットコインを買い入れたと公式発表し、世界最大の資産運用会社であるブラックロックもビットコインに対する投資計画を公式化した。

さらに、米国で最も古いニューヨークメロン銀行(BNYメロン)は今後ビットコインの取り扱い業務をすると言い、ペイパルもビットコインの決済支援の事実を公開している。

ドイツバンクは報告書で「企業と機関が相次いでビットコイン市場進出を宣言し、ビットコインが信頼できる資産に変貌している」とし「大規模な流動性のおかげで当分ラリーを持続するだろう」と見通したとCNBCは伝えた。

ただ、CNBCは、ウォール街の代表投資銀行であるJPモルガンは依然としてビットコイン価格の上昇の勢いについて疑問を抱いていると説明した。

JPモルガンはビットコインは経済的な面で一種の「サイドショー(side show・サーカスなどが関心を引くための小規模公演)」にすぎないとして、追加上昇について否定的な見方を示した。JPモルガンのアナリストは、最近の投資メモでビットコインの現在の相場は、自分たちが試算した公定価格を遥かに上回っていると主張し、上昇の勢いを持続できないと見込んだ。
top