サムスン電子、次世代無線新技術の開発に成功…"5Gスピードの30%↑"

박수정 기자

登録 : 2021-02-26 16:08 | 修正 : 2021-02-26 16:08

[サムスン電子、次世代無線新技術の開発に成功…"5Gスピードの30%↑"]



サムスン電子が人工知能(AI)を活用した次世代ワイヤレスネットワーク技術を開発し、トラヒック処理量を最大30%向上することに成功した。

25日、サムスン電子はモバイル環境で「マッシブMIMO(多重アンテナ伝送)」の「ビームフォーミング(周波数集中)」性能を最大30%向上させる無線通信技術「モバイルエンヘンサ―(Mobility Enhancer)」を開発したと明らかにした。

新しい技術を通じ、サムスン電子はLTE・5Gネットワークで利用者の経験が向上するものと期待している。

マッシブMIMOはLTEと5Gネットワークの具現に向けた核心技術だ。 サムスン電子は自社の無線ネットワーク機器に搭載されたマッシブMIMOを通じ、全世界の移動通信会社が6GHz以下の周波数帯域で3Dビームフォーミングを具現できるように支援している。

サムスン電子はAIと高級データ処理技術を活用し、モバイルエンヘンサーを開発した。 モバイルエンヘンサーを無線ネットワーク装備や基地局に適用すれば、特定の利用者を対象にしたビームフォーミングの精度を向上させ、5Gデータ速度と応答速度を改善することができる。 例えば、利用者が急速に移動しても安定的な5G経験を提供できるようになる。

サムスン電子の関係者は"サムスン電子は世界のすべての移動通信会社に最上の無線ネットワーク技術と装備を提供するための努力している。 モバイルエンヘンサーは従来のモバイルネットワークを革新し、5Gの性能を次の段階に発展させるのに役立つだろう"と述べた。

サムスン電子は今年中にソフトウェアのアップグレードを提供し、全世界のサムスン電子無線ネットワーク機器にモバイルエンヘンサーを適用する計画だ。 現在、サムスン電子のネットワーク機器は国内移動通信3社、米国ベライゾン、日本KDDIなどに供給され、5Gの全国網を構築することに活用されている。
top