SKグループ、ベトナム1位の流通企業持分の確保…崔泰源会長のベトナムパートナーシップ結実

박수정 기자

登録 : 2021-04-06 13:50 | 修正 : 2021-04-06 15:28

[SKグループ、ベトナム1位の流通企業持分の確保…崔泰源会長のベトナムパートナーシップ結実]



SKグループがベトナムのMasanグループと締結した戦略的パートナーシップが本格的な成果につながっている。崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長が2018年、新成長動力を確保するために断行したベトナムなど東南アジア地域への投資が実を結んでいるのだ。

SKはMasanグループの流通専門子会社であるVinCommerceの持分16.3%を4億1000万ドル(約4600億ウォン)で購入する契約を締結したと6日、明らかにした。

これは2018年、SKがMasanグループへの投資の際、確保した「選別的優先投資権利」を行使したのだ。これによって、SKはMasanグループが2019年に買収したものと同一の条件で、VinCommerceの持分16.3%を買収した。これを通じ、SKは相当な水準の評価差益だけでなく、Masanグループが集中的に育成している総合消費財事業に対する追加投資権利も確保した。

ベトナム最大の食料飲料(F&B)企業であるMasanグループは2019年12月、VinグループからVinCommerceの持分83.7%を買収した。VinCommerceの売上は2019年の11億ドルからMasanグループの買収完了の初年度である昨年は14億ドルで、約30%成長した。

VinCommerceはベトナムで2300余りのコンビニやスーパーマーケットを運営しており、小売市場内シェアが50%に達する流通1位企業だ。ベトナムでコンビニエンスストア、スーパーマーケットなど現代式の流通市場は年25%以上高成長を持続している。

特に、VinCommerceが構築している新たなオン・オフライン流通ビジョンが好評を受けており、今後、SKが保有した持分の価値はさらに大きくなるものと見られる。

SKは今回の投資を通じ、さらに強化されたMasanグループとの戦略的パートナーシップを活用、ベトナム内のオン・オフライン流通、物流、電子決裁など主な戦略的関心分野に対する投資に拍車をかける計画だ。

今回の権益確保はSKグループが以前からベトナムの主要企業に投資を持続した結果だ。SKグループはベトナムなど東南アジア地域で新成長動力を確保するため、2018年8月、SK東南アジア投資法人を設立したことがある。SK東南アジア投資法人は2018年10月、Masanグループの持分9.5%、2019年5月、Vinグループの持分6.1%を買収するなど本格的な投資を進めてきた。

この過程で、崔会長も2019年、ベトナムを訪問し、Nguyen Xuan Phuc首相と会談し、Vin・Masanグループのトップと会談するなどパートナーシップ強化に大きな影響を及ぼした。
top