サムスン電子・LG電子、1四半期の営業益だけで11兆「サプライズ業績」

박수정 기자

登録 : 2021-04-08 12:22 | 修正 : 2021-04-08 12:22

サムスン電子とLG電子が今年1四半期、市場の予想を上回る実績(アーニングサプライズ)を記録した。

サプライズ電子は9兆ウォン、LG電子は1兆ウォンをはるかに上回る営業利益を記録し、1四半期だけで11兆ウォン近くの収益を出した。

新型コロナの長期化で、家に滞在する時間が増え、スマートフォン・生活家電の需要が急増したことが影響を及ぼしたという分析だ。
 

[サムスン電子・LG電子、1四半期の営業益だけで11兆「サプライズ業績」]


◆サムスン電子、半導体不振・スマートフォン上昇

7日、サムスン電子が発表した暫定業績によると、今年1四半期の売上は65兆ウォン、営業利益は9兆3000億ウォンだ。営業利益が当初の市場予測値の8兆7000億ウォンを大きく上回り、「アーニングサプライズ」を記録した。

売上は昨年同期(55兆3582億ウォン)比17.48%増加し、営業利益は昨年同期(6兆4472億ウォン)に比べて44.19%増えた。

市場では事業部門別の営業利益を半導体約3兆6000億ウォン、スマートフォン約4兆6000億ウォン、ディスプレイ約4000億ウォン、家電1兆ウォンと推定する。

特に、スマートフォンの営業利益が昨年同期(2兆6500億ウォン)に比べ、80%ほど増加したものとみられる。サムスン電子は毎年3月に実施したスマートフォン公開イベントを今年は1月に繰り上げ、ギャラクシーS21新製品を公開した。

家電部門も新型コロナで抑圧された需要が続き、昨年同期(4500億ウォン)に比べて大きく増えた。

ただ、半導体部門の営業利益は昨年同期(3兆9900億ウォン)に比べ、小幅ながら下落した。米オースティン工場の稼動中断で発生した損失が反映されたものとみられる。
 

[サムスン電子・LG電子、1四半期の営業益だけで11兆「サプライズ業績」]


◆LG電子、四半期基準「歴代最大」業績の達成

LG電子は今年1四半期の売上18兆8057億ウォン、営業利益1兆5178億ウォンを記録したものと集計された。いずれも四半期史上最大値であり、営業利益は1兆ウォン台前半と予想されていた市場の展望値を超えた。

去年の同期と比較すれば、売上高は27.7%、営業利益は39.2%増加した。特に、営業利益は過去最大の2009年2四半期(1兆2438億ウォン)の記録を12年ぶりに更新した。

グローバル景気の回復の勢いとともに新型コロナの長期化による報復消費で、プレミアム家電とTV販売が歴代級の業績をけん引したものと分析される。

証券街は生活家電(H&A)本部の営業利益を8000億ウォン、TV担当ホームエンターテインメント(HE)事業本部の営業利益は3500億ウォンと見込んでいる。携帯電話担当モバイル部門(MC)は1四半期も2000億ウォン台の営業赤字を出し、24四半期連続の赤字を記録したものと推定される。
top