ポスコ、高純度ニッケルの生産へ…電池素材事業に拍車

박수정 기자

登録 : 2021-07-29 12:32 | 修正 : 2021-07-29 12:32

[ポスコ、高純度ニッケルの生産へ…電池素材事業に拍車]



チェ・ジョンウポスコグループ会長が電池素材事業に速度を出す。ポスコはグループ社、SNNCの既存設備と連携した投資を通じ、2023年まで年産2万t規模の二次電池向け高純度ニッケルの精製工場を新設することにしたと28日、明らかにした。

ポスコが推進する高純度ニッケルの精製事業はニッケル純度75%のニッケルマットを湿式精製し、純度99.9%以上の二次電池向け高純度ニッケルに作って販売する事業だ。ステンレスの原料になるフェロニッケルを製錬するSNNCが既存の設備に脱鉄工程を新設してニッケルマットを生産し、ポスコはこれを精製して高純度ニッケルを生産する仕組みだ。

ポスコグループの総投資費は約2300億ウォンだ。 工場はSNNCと隣接した光陽製鉄所の敷地に建設される。 同工場で生産される高純度ニッケル2万トンは電気自動車50万台に供給できる規模だ。

昨年、300万台を超えたグローバル電気自動車市場は2030年には3200万台以上に急激に成長するものと予想されている。 このため、高容量バッテリー陽極材の必須原料である高純度ニッケルの需要も年平均23%水準に急成長し、2025年以後は供給不足が予想される状況だ。

そのため、ポスコは高純度ニッケルを先制的に確保し、ポスコケミカルなどに販売することで、ポスコグループレベルの差別化された二次電池素材のバリューチェーン競争力を高めるという方針だ。

ポスコは5月、オーストラリアのニッケル鉱業や製錬専門会社であるRavensthorpe社の持分30%の買収を成功的に推進したのに続き、今回の高純度ニッケル工場の新設投資で、2030年ニッケル10万tの自体供給の目標に一歩近付くことができるようになった。
top