6月の生産、1.6%↑・・・鉱工業・サービス業・消費、いずれも上昇

양정미 기자

登録 : 2021-07-30 08:25 | 修正 : 2021-07-30 08:25

[写真=聯合ニュース]


30日、統計庁が発表した「2021年6月の産業活動動向」によると、6月の全産業生産は前月比1.6%増加した。

生産はサービス業(-1.6%)と鉱工業(-2.2%)でいずれも前月比増加傾向を見せた。サービス業は金融・保険、卸売・小売で増加し、鉱工業は半導体と自動車で生産が増えた。

消費を意味する小売販売は、衣服や医薬品などで販売が伸び、前月比1.4%伸びた。設備投資は機械類の投資が減り、前月比0.2%減少した。建設既成は土木工事の実績が増え、前月より2.0%増えた。

同行総合指数循環変動値は前月比0.1ポイント上昇した101.4で、先行総合指数循環変動値は0.3ポイント上昇した104.4であった。
top