​LG化学、市場展望2倍超えた…2四半期の営業益2兆2308億ウォン、四半期の最大業績の達成

박수정 기자

登録 : 2021-07-30 12:26 | 修正 : 2021-07-30 12:26

[​LG化学、市場展望2倍超えた…2四半期の営業益2兆2308億ウォン、四半期の最大業績の達成]



LG化学が今年2四半期、市場の展望値より2倍近い営業利益を記録し、歴代最高の四半期業績を更新した。

LG化学は連結基準、今年2四半期の営業利益が前年同期比290.2%増加した2兆2308億ウォンを記録したと29日、明らかにした。売上は前年同期対比65.2%増加した11兆4561億ウォンと集計された。売上高10兆4505億ウォン、営業利益1兆1000億ウォン台だ。

LG化学のチャ・ドンソク最高財務責任者(CFO)副社長は"石油化学の目立った実績の向上及び電池素材事業の拡大、生命科学の四半期の最大売上など全事業部門のバランスの取れた成長を通じ、最大の成果を創出した"、"エコ持続可能な事業、電池素材中心のイーモビリティ、グローバル革新新薬などESG(環境・社会・支配構造)基盤の3大新成長動力を基盤に、具体的な計画を実行していく"と述べた。

石油化学部門は新再生エネルギーやエコ素材など需要の改善に支えられ、売上高5兆2674億ウォン、営業利益1兆3247億ウォンを記録した。先端素材部門の業績は売上高1兆2969億ウォン、営業利益945億ウォンと集計された。陽極材の出荷量の拡大、エンジニアリング素材の販売価格の上昇などが業績改善をけん引した。

生命科学部門はポリオワクチン新製品の発売やジェミグロ、ユトロピンなど主要製品の販売拡大で、四半期の最大売上高の2030億ウォンを記録した。営業利益は291億ウォンと集計された。エネルギーソリューションは前半産業の需給および顧客需要の支障などによる影響があったが、一時的な要因認識で、売上や収益性が改善された。売上高は5兆1310億ウォン、営業利益は8152億ウォンだ。ファーム韓農は売上高2100億ウォン、営業利益169億ウォンを出した。

LG化学は△麗水第2 NCCなど新規工場の稼動 △ポリオワクチンの供給本格化 △電気自動車の販売増加などに支えられ、3四半期にも堅調な実績を続くものと展望した。同日、実績と共に、LG電子の分離幕事業部門を5250億ウォンで買収すると発表した。買収対象は生産設備及び当該事業部門の人材など有無形資産一体だ。

今回の分離幕の買収で、LG化学は従来の陽極材や陰極バインダー、電解液添加剤、CNT(炭素ナノチューブ)分野の事業と共に、全世界でバッテリー4大核心素材に適用される主要技術を保有した唯一の企業に跳躍することになった

電池素材事業の拡大に向け、今回の買収を含め、2025年まで6兆ウォンを投資し、陽極材、分離膜、陰極バインダー、放熱接着剤、炭素ナノチューブなどバッテリー素材を集中育成する計画だ。
top