統計庁、地域内総生産(GRDP)四半期ごとに発表

登録 : 2017-01-24 21:28 | 修正 : 2017-01-24 21:28

   [写真=統計庁]


今後、国内総生産(GDP)にきちんと捕捉されなかったデジタル、共有経済規模なども統計で集計される見込みである。統計庁は、毎年一回発表していた地域内総生産(GRDP)の数値を四半期ごとに発表するための作業に着手した。

これまで、統計庁のGRDPは前年の数値を次の年の年末に発表していたため、適時性が落ちるという指摘があった。しかし、韓国銀行の国内総生産(GDP)のように四半期ごとに発表されると、利用率が大幅に高まると期待される。

統計庁は、このような内容が盛り込まれた「統計庁とその所属機関職制施行規則の一部改正令案」を立法予告したと24日明らかにした。

改正案によると、統計庁は所得統計の開発と地域の統計総括、さらに農漁業の動向を新設することになる。

所得統計の開発とは、既存の生産・支出指標に焦点が当てられて反映が難しかった分配指標をGRDPに反映し、質的に改善する研究をすることになる。

韓国銀行GDPは、特定の産業の生産量増加分などの指標をもとに算出される。しかし、この生産量の増加分が実際に家計など経済主体に分配されている面は、適切に反映していないとの指摘があった。

統計庁はこれを改善するために、国税庁の所得資料を中心に総生産を算出することになる。このようにすると、最近の規模は大きくなるが、韓国銀行GDPは正しく取れなかったデジタル経済や共有経済などの数値に反映される利点がある。

所得統計の開発とは、短期的にこれらの分配中心の総生産指標を開発し、長期的にはGRDPを四半期ごとに発表して適時を高める研究に突入する。

韓国銀行も、既存のGDPを補完する研究を進めて、両機関の競争で韓国経済の全体像を知ることができる総生産指標もより洗練されたになるものと見られる。

このほか、農漁業統計効率の向上を目的として調査局にあった機能を移管して、農漁業の動向とを新設し、各地方庁の地域統計機能の「コントロールタワー」の役割を務める地域統計総括も行う。これらの組織改編は、来月中に改正令案閣議で議決され、施行される予定である。

(亜洲経済オンライン)
top