​KAI、航空整備(MRO)事業「バラの大統領選」以降の花咲く

登録 : 2017-05-08 21:15 | 修正 : 2017-05-08 21:15

[​KAI、航空整備(MRO)事業「バラの大統領選」以降の花咲く]



3年間なかなか進まなかった航空整備(MRO)専門会社の選定が「バラの大統領選挙」以後、スピードを出すものと見られる。 航空整備団地が建設されれば、国内航空会社各社が海外で消費する年間1兆ウォン規模の整備料を国内で消化することができる。

7日、関連業界によると大統領選挙候補たちはみんな慶尚南道・泗川(キョンサンナムド・サチョン)を航空宇宙産業特化都市にし、大規模投資を約束した。

共に民主党の文在寅(ムン・ジェイン)候補は泗川航空宇宙産業特化団地の造成や航空宇宙産業クラスターの構築を大統領選挙公約に掲げた。 自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補は航空ICT(情報通信技術)融合クラスターの造成を、国民の党の安哲秀(アン・チョルス)候補は航空産業基地の育成を主張した。 正しい政党の劉承旼(ユ・スンミン)候補は航空MRO事業の泗川誘致を、正義党のシム・サンジョン候補は航空オリジナル技術の確保に航空産業の高度化などを掲げた。

大統領選候補たちが航空産業に共通的に関心を持つため、関連業界は最も懸案であるMRO事業が速度を出すものと期待する。

MRO事業を準備する所は慶尚南道と慶尚南道・泗川に本社と生産工場が位置した韓国航空宇宙産業(KAI)だ。 総事業費7000億ウォンを投入し、慶尚南道泗川市の本社周辺に31万m²規模のMRO産業団地を造成する事業を推進中だ。

KAIの関係者は"国内のMRO産業規模が約3兆5000億ウォン(軍2兆ウォン、民需1兆5000億ウォン)に達する"、"KAIは軍用機の整備などで技術力は備えたため、国内航空会社など民需物量さえ確保できたら、事業はばら色の未来"と強調した。

KAIは先月、格安航空会社(LCC)の済州(チェジュ)航空と新事業の発掘に向けて戦略的に協力することにした。 KAIは国内LCC会社の物量の確保に成功して事業性を育て、済州航空は航空機整備の効率化とともに操縦士養成に貢献できる訓練体系を確保できるものと期待している。

これに先立って政府が2015年1月、MRO事業者の選定を公告したが、3年目会社の選定が遅れた。 昨年の総選挙では忠清北道(清州市)-アシアナ航空と慶尚南道(泗川市)-KAIの二者対決により、国会議員たちが投資誘致を約束し、政争化されたこともある。

以降、アシアナ航空がMRO事業の放棄を宣言し、KAIが選ばれるものと予想されてきたが、国政の空白が続き、徐々に延期された。 結局、被害を受けるは国内航空会社だ。

LCC業界の関係者は"国内の格安航空会社(LCC)の飛行機台数は100台余りで、引き続き増加傾向"と"国内で整備を任せたくても専門メーカーがないため、中国、モンゴル、シンガポールなど海外に行っているのが実情"と指摘した。

他の関係者は"LCCの立場では整備のために空いた飛行機で海外に出かけ、帰ってくるなど整備時間やガソリン代を短縮することも重要だ"、"国内に専門会社が設立されれば、活用可能性が高い"と説明した。

国土交通省はMRO事業計画の妥当性検討や評価を7月末に完了する計画だ。 国土省の関係者は"航空MRO事業者の選定が早期に終了することができるよう、関連業務を積極的に推進する計画"と明らかにした。
top