リストラ・猛暑被害に支援する目的予備費1654億ウォンの支出を閣議で議決

이경 기자

登録 : 2018-09-18 13:47 | 修正 : 2018-09-18 13:47

[キム・ドンヨン経済副首相兼企画財政部長官[写真=企画財政部提供]]


リストラが行われている地域と猛暑の被害者に対して、1600億ウォンの予算が緊急支援される。

政府は、△リストラが行われている地域と業種に追加の支援△農家に猛暑の被害回復△猛暑による脆弱階層の電気料金割引支援など、3件の一般会計の目的予備費1654億ウォンの支出案を18日の閣議で議決した。

雇用危機地域と産業危機対応の特別地域9カ所は△群山△木浦△ 靈巖△海南△巨済△統営△高城△昌原鎮海区△蔚山東区などで、業種は造船及び自動車に産業である。

これにより、リストラの影響で困難を経験している雇用危機地域及び産業危機対応特別地域と、造船及び自動車などのリストラ業種について目的予備費940億ウォンが追加支援される。

政府はリストラが行われている地域と業種を支援するために、今年の補正予算1兆ウォンを編成し、7月の合計1730億ウォン規模の目的予備費を支援した。

政府は、危機地域支援に655億ウォンを投入する。地域の代替及び補完産業の育成と退職者の再就職に239億ウォンを支援する。道路、鉄道及び下水道など地域SOCと地域観光インフラの拡充にも416億ウォンを支出する。

自動車及び造船業種サポートに285億ウォンを策定した。

昨年の夏の猛暑と干ばつで農作物、家畜の被害などにあった農家を支援するために、目的予備費357億ウォンを支出する計画である。農業災害保険に加入していない農家2万6000世帯を対象に、種子代及び家畜の購入費などを支援することにした。

また、猛暑に脆弱な障害者・基礎受給者及び出産世帯などの社会的配慮対象世帯(344万世帯)の7〜8月に電気料金を追加割引を支援するために357億ウォンを支出する計画である。

キム・ドンヨン経済副首相は、「リストラで困難を経験している地域及び業種と、夏の猛暑で災害被害を受けた農家を迅速に支援するために目的予備費支援手続きを最大限に急いで行った」とし「現場の困難を考慮し、実際の執行を担当している関連省庁、地方自治体などに執行手続きを早めてくれることを要請した」と強調した。
top