証先委、サムスンバイオ制裁の効力停止に"即刻抗告検討"

박수정 기자

登録 : 2019-01-23 15:32 | 修正 : 2019-01-23 15:32

[証先委、サムスンバイオ制裁の効力停止に"即刻抗告検討"]



金融当局が裁判所のサムスンバイオロジックスでの効力停止決定について直ちに抗告するかどうかを検討することにした。

22日、金融委員会傘下の証券先物委員会はソウル行政裁判所のサムスンバイオロジックス制裁効力の停止決定について"具体的な内容を調べた後、直ちに抗告するかどうかなど今後の対応策を検討する計画だ"と明らかにした。

同日、ソウル行政裁判所・行政3部はサムスンバイオロジックスが証先委を相手に出した制裁執行停止の仮処分申請を引用した。 これに証先委が昨年11月、サムスンバイオロジックスの会計処理基準の変更を故意に粉飾決算と判断して下した制裁の効力が当分の間、停止される。

当時、証先委はサムスンバイオロジックスが2015年末、子会社のサムスンバイオエピスを従属会社から関係会社に会計処理基準を変更する過程で、故意の粉飾健さんがあったと判断した。 粉飾決算の規模は4兆5000億ウォン程度と評価した。

これを根拠にサムスンバイオロジックスのキム・テハン社長と担当役員の解任勧告、監査人の指定3年、財務諸表の再作成、課徴金80億ウォンのような制裁が下された。 さらにサムスンバイオロジックスとキム社長に対する検察告発も行われた。

証先委の関係者は"今回の対応とは別に本案訴訟の準備に万全を期する"と伝えた。
top