LG CNS、グーグル人工知能で正確度99.9%のスマート工場の実現に乗り出し

박수정 기자

登録 : 2019-04-12 16:54 | 修正 : 2019-04-12 16:54

[LG CNS、グーグル人工知能で正確度99.9%のスマート工場の実現に乗り出し]



LG CNSがグーグルクラウドのAIソリューションを活用し、製造工程の知能化とスマート工場の具現に乗り出した。

LG CNSは10日、米サンフランシスコで開かれた「グーグルクラウドネクスト2019」行事で、「グーグルとの製造AI(人工知能)革新事例」を発表した。グーグルクラウドネクストはグーグルの企業事業組織で開催する開発者会議で、今年4回目を迎えた。 3万人が超える開発者とパートナーが出席するなどグーグル最大規模の行事として定着している。

同日の発表に乗り出したLG CNS・AIビックデータ担当の李ソンウク常務はグーグルと協力し、製造工場の部品不良判定にAIイメージ判読技術を適用したビジョン検査事例を紹介した。

LG CNSは昨年からAIビックデータプラットホーム「DAP」とグーグルクラウドのAIソリューション「オートマシーンラーニング」を結合し、製造不良率を革新的に下げる作業に着手した。

オートマシーンラーニングは人工知能が人工知能を開発するサービスで、企業が保有する写真・テキストなど各種データで人工知能を学習させ、特定分野に活用できる新しいAIモデルを自動に作り上げる技術だ。

LG CNSのDAPはAIの核心である人工神経網技術を活用し、数万つの良品・不良品データを分析して工場知能化を進める。 グーグルクラウドオートマシーンラーニングはLG CNSが分析した良品・不良品データを人工知能に学習させ、不良判定用AIモデルを自動生成する。

LG CNSはデータの収集、分析、学習、モデリング、適用に至るビジョン検査の全過程のうち、多くの時間と努力が費やされる学習とモデリング領域での問題をグーグルクラウドオートマシーンラーニングで解決した。

LG CNSがLG系列会社の製造工場で収集された人数十万件のデータやオートマシーンラーニングを結合した結果、AIの製作期間を1週間から最大2時間に短縮することができ、判読時間も約30倍向上させることができた。 不良判定率は平均6%上昇させた。 両社の技術結合で、良品判定の難易度が高い工程においても判読率99.9%を達成することができた。

この他、オートマシーンラーニングの導入により、人工知能学習業務を務めていた開発者が不良データの分析などデータサイエンティストの役割を担うようになり、高級人材が専門性の高い業務に集中できるようになった。

LG CNSはグーグルクラウド融合技術をLG系列会社のLCD・OLEDパネル、化学製品など製造領域の欠陥感知および品質管理改善に適用し、製造工程の知能化とスマート工場の転換をより早く達成できるようになった。
top