ビットコイン、1年ぶりに1000万ウォンを突破・・・「デジタル資産」地位期待の影響

양정미 기자

登録 : 2019-05-28 10:07 | 修正 : 2019-05-28 10:07

[写真=gettyimagesbank]


昨年末300万ウォン台にとどまっていたビットコイン価格が最近2ヵ月で2倍以上急騰し、1年ぶりに1000万ウォンを超えた。米中貿易紛争で金融市場が不安定な中、仮想通貨が「デジタル資産」として地位を確保できるという期待感が好材料として作用したという分析が出ている。

27日、国内仮想通貨取引所ビッサムによると、この日の午後6時現在、ビットコインは1033万ウォンで取引されている。

前日950万ウォン台で取引されたビットコインは上昇の勢いに乗る始め、同日午前4時54分に1000万ウォンを突破し、10時03分には1059万ウォンまで上がってピークを記録した。

ビットコイン価格が1000万ウォンを超えたのは、1031万ウォン(高価基準)を記録した昨年5月11日以降、1年ぶりだ。ビットコインは以後一度も1000万ウォンを超えたことがなかった。昨年12月に350万ウォン台まで落ちた点を勘案すれば、5ヵ月の間に身代金が3倍近く上昇した。

ビットコイン価格が本格的な上昇傾向を見せ始めたのは先月からだ。4月1日、エイプリルフールの「偽ニュース」として急に上昇し始め、4月2日に500万ウォン台に進入し、4月8日には600万ウォンを超えた。

以降、今月に入っ9日に700万ウォン、11日に800万ウォン線を突破し、14日には990万ウォンのピークを記録した。去る3月末まで400万ウォン台半ばを記録していたが、最近2ヵ月で2倍以上急騰し、1000万ウォンの高地に上がったのだ。

ビットコインが1年ぶりに強気を見せたのは、米中貿易紛争の影響だというのが大方の見方だ。グローバル不確実性が大きくなり、貿易葛藤の影響が少ない仮想通貨の自社価値が注目されているという分析だ。

実際今月13日、中国が600億ドル規模の米国産輸入品に対する関税を最大25%賦課すると発表すると、14日にビットコインの終値(午前零時価格)は一日で9.7%(85万ウォン)に値上がりした959万ウォンを記録した。一方、ウォン・ドル為替レートは13日、1180.0ウォンで取引を開始して後、二日後の14日には1189.4ウォンで取引を終えており、人民元を含む他の危険資産も価値が急落した。

ビットコインがデジタル資産で取引される可能性が高まったことも影響を及ぼした。

米国ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)が作った先物取引所バックト(Bakkt)は、7月からビットコイン先物取引を開始すると発表した。グローバル社会関係網サービス(SNS)1位企業のフェイスブックは、来年に独自の仮想通貨「グローバルコイン」を発売する計画であるという。外信によると、フェイスブックは物を購入することはもちろん、仮想通貨をやりとりするシステムを構築している。

ここに機関投資家が流入され、市場が大きくなるという期待も高まった状況だ。米資産運用会社であるフィデリティ・インベストメントは、今年の機関投資家を対象に「ビットコイン取引サービス」を披露する計画だと明らかにした。これにより、市場ではビットコインの需要がさらに増加するものと見ている。

業界関係者は、「グローバル不確実性によって資産の変動性が大きくなり、ビットコインが相対的に上昇の勢いをみせているようだ」とし、「実際3月以降、買い集めが急増して価格上昇につながっている」と述べた。
 
top