現代ロテム、ポーランド最大の鉄道展示会に参加…欧州攻略に乗り出す

박수정 기자

登録 : 2019-09-26 15:09 | 修正 : 2019-09-26 15:09

[現代ロテム、ポーランド最大の鉄道展示会に参加…欧州攻略に乗り出す]



現代ロテムがポーランド最大規模の鉄道展示会に参加する。

現代ロテムは24日(現地時間)から27日まで開かれるポーランドの鉄道国際展示会「TRAKO」に参加すると25日、明らかにした。 この行事は欧州で2番目に大きな鉄道展示会だ。 現代ロテムが参加するのは今回が初めてだ。

現代ロテムは6月に受注したポーランド・ワルシャワトラム123編成の納入事業を機に、参加を決定した。 会社側は“ワルシャワトラム事業の受注で、ポーランドの鉄道都市場に初めて進出し、今回の展示会でポーランド内の信頼度の向上および現地市場への進出拡大を図る計画だ”と説明した。

特にエコ鉄道車両に対する世界的な関心に対応し、水素電気トラムを重点的に紹介する。 現代ロテムが現代自動車とともに今年開発に着手した水素電気トラムは水以外の別途の汚染物質が排出されず、走行時の空気浄化の効果があり、空気質の改善効果が期待できる。 現代ロテムは2020年、水素電気トラムの試製車両製作を完了する計画だ。

昨年、世界で初めて開発した急曲線走行装置も紹介する。 急曲線走行装置は車両の走行可能曲線半径を従来の25mから15mまで減らし、曲線半径が狭いところでも走行が可能である。 このため、複雑な都心でトラム路線の構築に有利だ。
top