SK株式会社、持続可能な経営指数評価「DJSI World」8年連続の受賞

박수정 기자

登録 : 2019-10-23 15:12 | 修正 : 2019-10-23 15:12

[SK株式会社、持続可能な経営指数評価「DJSI World」8年連続の受賞]



SK株式会社が22日、新羅ホテルで開かれた「2019のダウ持続可能経営指数(DJSI)の国際カンファランス授賞式」で、8年連続で「DJSI World」編入の認証牌をもらった。 SK株式会社は国内企業として初めて複合企業群分野「インダストリーリーダー(Industry Leader)」に選ばれ、受賞の意味を深めた。

DJSIは米国S&Pダウ・ジョーンズとスイスの持続可能な経営評価・投資会社であるロベコセムが時価総額基準のグローバル2500あまりの上場企業を61つの産業群で分類し、経済的活動・社会的責任・環境経営面の持続可能性を評価する指数である。 上位約10%に該当する持続可能な優秀企業だけがワールド指数に編入される。 SK株式会社は複合企業群(Industrial Conglomerate)分野の21つの評価項目のうち、R&D・安全保健・倫理経営・リスク管理などの領域で最も高い点数で、1位を占めた。

SK株式会社は特に経済的価値と社会的価値を同時に追求するDBL(Double Bottom Line)経営活動の成果を認められたものと評価した。 最高水準の支配構造ガイドライン遵守率の記録をはじめ、▲電子投票制の施行 ▲代表取締役と取締役会議長の分離による取締役会の責任経営の強化 ▲利害関係者との疎通拡大など支配構造の改善による社会的価値創出の成果も高く評価されたものと分析される。 人工知能やクラウド・ビッグデータ基盤の「データやデジタル基盤のDBLビジネスモデル革新」活動を地道に展開したことも他の企業と差別化された競争要素として選ばれる。
top