洪楠基副首相、「経済成長率2%達成のために財政・政策の力量集中」
「第4四半期0.97%したら2%…あらゆる手段を動員して輸出促進を強化」

양정미 기자

登録 : 2019-10-25 11:19 | 修正 : 2019-10-25 11:19

[写真=聯合ニュース(24日午前、国会で開かれた企画財政部の国政監査に出席し、質問に答えている洪楠基副首相兼企画財政部長官)]


洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は、今年第3四半期の経済成長率が0.4%を記録したことと関連し、「今年2%の成長率を達成するために政策の力量を集中する」と明らかにした。

洪楠基副首相は24日に開かれた国会企画財政委員会の国政監査で、「第4四半期に国内総生産(GDP)が前期比0.97%程度増加すれば成長率2%を達成することができる」とし、「財政の繰越・不容認を最小化するなど財政が正しく執行されるようにするために政策力量を集中し、第4四半期に2%以上成長することができるように最善を尽くす」と明らかにした。

洪副首相の発言も事実上2%達成が難しいという観測が優勢だ。これに対し、韓国政府の誤った経済状況認識と処方が経済成長率ショックを起こしたとの批判が相次いでいる。

企財部は昨年12月、今年の経済成長率を2.6〜2.7%と予想したが、今年7月に2.4〜2.5%に下げた。当時も楽観的な見方という指摘が相次ぎ、結局去る18日、洪副首相は「今年の経済成長率が2.0〜2.1%水準だ」と下方修正した。

また、今年の輸出が前年比3.1%増加すると予想したが、昨年12月から11カ月連続のマイナスを記録している。1〜9月の輸出は、通関基準で前年同期間より9.8%減少した。1987年以来、グローバル金融危機の2009年(-13.9%)と2001年(-12.7%)に続き、3番目に大きい減少幅だ。

洪副首相は、第3四半期の成長率が鈍化した原因について、「民間の成長が少しずつ回復したが、期待に及ばなかったようだ。政府部門で頑張ったが、空いた隙間を埋めるには少し足りなかった」とし、「民間投資や建設投資が調整を経て不振を免れず、民間消費の余力も減った」と説明した。

彼は、政府の貢献度が第2四半期の1.2%ポイントから第3四半期に0.2%ポイントへと大幅に下がったことについては、「第2四半期に政府が相当部分を早期執行し、第3四半期に余力が制限された」と、「補正予算案を6月から始めたが、8月になってようやく執行しながら効果を得られなかったのも影響を及ぼした」と診断した。

続いて、民間の成長貢献度が0.2%ポイントを記録してプラスに転じたが、前四半期比民間消費が0.1%増へと鈍化したことに関連しては「乗用車のような耐久財は消費がしっかりし側面を見せたが、衣類など準耐久財と特に海外旅行が減少し、居住者の国外消費が減ったのが原因になった」と述べた。

洪楠基副首相は、「民間投資が適切に行われるのが最も望ましいが、改善されなかったため、民間投資の問題解消に重点を置いた」とし、「輸出の成長貢献度がプラスに転じたのは輸出量が増えたおかげであるだけに、年末まで輸出が増えるよう最大限の輸出促進対策を強化する」と強調した。
top