SKネットワークス、3四半期「アーニングサプライズ」…営業益、前年比101%↑

박수정 기자

登録 : 2019-10-25 16:19 | 修正 : 2019-10-25 16:19

[SKネットワークス、3四半期「アーニングサプライズ」…営業益、前年比101%↑]



SKネットワークスが3四半期の営業利益で831億ウォンを達成し、「アーニングサプライズ」を記録した。

24日、SKネットワークスは暫定業績の公示を通じ、3四半期の売上3兆8736億ウォン、営業利益831億ウォンを記録したと明らかにした。 売上と営業利益も昨年同期と比較し、それぞれ9.7%、101.4%増加した。

これについてSKネットワークスの関係者は“グローバル取引物量の減少と資産効率化のためのガソリンスタンドネットワークの最適化の影響で、売り上げが減少した事業もあったが、ホームケアとモビリティ中心の未来核心事業が持続成長し、全般的な収益改善を導いた”と明らかにした。

SKマジックは3四半期に生活環境・キッチン家電製品を相次いで発売し、顧客から好評を受けた。 顧客の要求を反映したレンタル商品群の多角化で、満足度の向上と実績上昇の結果を得たというのが会社側の説明だ。

レンタカー事業の場合、個人長期レンタカーマーケティングの活性化、SKレンタカーとAJレンタカーの内陸短期レンタルサービスの統合による相乗効果などが表れた。 オンラインショッピングモール「タイヤピック」を通じたタイヤ販売量の増加、輸入車部品流通事業の成長も収益改善に力を加えた。

情報通信事業でも新規スマートフォンの発売により、端末の流通量が大幅に増加し、ICTアクセサリーの流通・リサイクル事業の展開などを通じた市場多角化の努力が成果を収めていると分析された。

SKネットワークスは今後、財務構造の安定化および追加成長機会の模索、ホームケア・モビリティなどレンタル中心の消費財事業の強化を持続的に推進する計画だ。 これと共に、経営全般にわたって顧客、株主など多様な利害関係者の幸福追求及び社会的価値創出のための努力を続けていく方針だ。
top