洪南基「2008年の金融危機の時と同じほど厳重に感じ」
洪南基「拡張的財政政策・緩和的な金融基調が解決策」
李洛淵「危機はないが、厳重に感じ」

양정미 기자

登録 : 2019-10-29 18:36 | 修正 : 2019-10-29 18:36

[写真=聯合ニュース提供(洪南基副首相兼企画財政部長官)]


洪南基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は28日、最近の韓国の経済状況について「2008年の世界的金融危機当時と同じ厳重さを感じている」と述べた。

洪副首相はこの日、国会予算決算特別委員会総合政策質で「韓国経済の対内外環境が金融危機以降最高の危機ということに同意するか」との質問に、「グローバル経済成長率や交易増加率を突き詰めてみると、2008年のグローバル金融危機以来、最も低い水準だ」と述べた。

彼は「韓国が苦境に立たされている理由は、対外的グローバル経済の減速がもう少し大きい」とし、「すべてをそのせいにするわけにはいかず、国内景気自体が下降側面にあることと人口構造的な問題、消費パターンの変化、産業構造の変革など様々な要因が複合的に作用し、国内投資と輸出が低迷を経験している」と説明した。

また「最低賃金と週52時間労働制など、一部の経済に影響を与える政策もなくはない」と、「補完している」と付け加えた。

洪副首相はさらに、「韓国第1位の輸出国である中国の来年の成長率を国際通貨基金(IMF)が初めて6%未満の5.8%と予測し、韓国経済に大きな負担になりそうだ」とし、「米中貿易紛争も、米国と中国が韓国の貿易パートナー1、2位であるため、対立によって韓国の輸出が減少を示すのが事実だ」と述べた。

彼は「経済活力がもともと民間で行われるのが一番望ましいが、建設投資を含む民間投資が6四半期連続マイナスを記録している」とし、「そのため韓国内の内需的、投資側面もかなり苦難を経験している」と伝えた。

続いて「幸い他の投資や輸出変数より国内消費は比較的に堅調に推移している」とし、「消費は来年もその程度は続くのではないかと思う」と述べた。

洪副首相は厳しい経済状況の解決策について、「最近IMF・WB(世界銀行)の年次総会に行ってG20会議も参加したが、世界全体的に拡張的財政政策と緩和的な金融基調で処方をする方がいいと勧告している」と強調した。

彼は「先進国に対してほとんど同じように経済を見通し、韓国だけ上げ高く予測していたので(IMFとWBに)聞いてみると、両方とも「韓国が先制的拡張基調、財政政策を展開していることが見通しの大きな要因の一つ」とし、「財政余力の範囲内で先制的に対応することに対して、国際社会でそれなりに評価しているではないかと思う」と述べた。

洪副首相はさらに「我々が財政を投入するが、最近、韓国銀行も金利を2回にわたってちょうど下方決定をし、財政・金融政策が調和をなすのに役立った」とし、「並行的に行われるべき事案だと考えている」と述べた。

李洛淵(イ・ナギョン)首相も拡張財政の必要性を力説した。李首相は「現在の経済状況が危機だと思うか」という質問に対して「専門家らが言う『危機』の概念には該当しないと聞いた」としながらも「厳重だとは思っている」と答えた。

彼は政府の拡張的財政政策に対する批判に「今の状況で財政の役割まで萎縮すると、その負担はむしろ未来に到来するだろう」とし、「韓国の財政健全性については国際的に認めており、それが蓄積されている」と反論した。

李首相は「現在の状況が厳重て財政が積極的な役割をしなければならず、未来に予測できないほどの急激な変化に見舞われているため、財政が役割をして備えることができる態勢を整えることが重要だ」と主張した。

 
top