KAI、2年連続「持続可能な経営評価」A等級の獲得

박수정 기자

登録 : 2019-10-30 13:59 | 修正 : 2019-10-30 13:59

[KAI、2年連続「持続可能な経営評価」A等級の獲得]



韓国航空宇宙産業(KAI)が韓国取引所傘下の韓国企業支配構造院が発表した「ESG評価」で、2年連続の総合A等級を獲得したと29日、明らかにした。

国内の防衛産業企業の中で2年連続の総合A等級をもらったものはKAIが初めてだ。 KAIは今年の評価で、有価証券上場会社746社のうち、50位内に入った。

ESGは環境(E)、社会的責任(S)、支配構造(G)など非財務的水準を評価し、企業の総合的な持続可能性を測定する指標だ。 毎年、企業関連公示資料を土台に1次評価を実施した後、企業フィードバックや理事会のインタビュー手続きを経て、最終等級が付与される。

KAIは環境(E)、社会(S)部門ではそれぞれB+、A+で、前年比を同じ等級をもらい、支配構造(G)部門ではB+からA等級に前年比一段階上昇した。

KAIは7月、チョン・ボジュ社外理事を理事会議長に選任し、代表取締役と社内最高意思決定機構である理事会議長を分離したことがある。

会社側は"これを通じて理事会の独立性を確保し、業界初のISO 37001(腐敗防止経営システム)の認証を獲得し、透明経営体系を強化した努力について高い評価を受けたものと分析される"、"KAIは経営の透明性の強化に向けた多様な政策で、株主の権益を保護し、企業価値を高めるという方針"と話した。

一方、KAIは今年、社外取締役数を3人から4人に増やしており、理事会の専門性向上に向けた教育プログラム、社外取締役評価制度なども導入して運営する予定だ。
top