カカオ、3Qの営業益591億ウォン…前年比93%↑

박수정 기자

登録 : 2019-11-07 16:07 | 修正 : 2019-11-07 16:07

[カカオ、3Qの営業益591億ウォン…前年比93%↑]



カカオはK-IFRS(韓国国際会計基準)基準の2019年3四半期連結の売上7832億ウォン、営業利益591億を記録したと7日、明らかにした。

これは前年同期比それぞれ31%、93%増加した数値だ。

カカオは3四半期に最大の売上げを更新し、営業利益は2015年以来、最も高い成果を記録したと説明した。 カカオトークのビズボード(以下、トークボード)を中心とした収益拡大と有料コンテンツの持続的成長、新事業部門の売上増加の勢いが加速し、業績が改善した。

プラットフォーム部門の売上高は前期比7%、前年同期比39%増加した3507億ウォンを記録した。

トークビーズの売上はトークボードの拡大およびカカオトーク基盤のメッセージ事業の成長で、前四半期比17%増加し、前年同期比52%増加した1624億ウォンを達成した。 ポータルビーズの売上は広告のオフシーズンの影響で、前期比8%下落したが、広告プラットフォームのカカオモーメント、検索広告の高度化により、前年同期比9%成長した1261億ウォンを記録した。 新事業売上高は前期比22%、前年同期比105%増加した623億ウォンだ。 カカオペイのオンライン決済先の拡大や金融商品基盤の売上増加、モビリティの代行運転サービスの売上増加などの影響だ。

コンテンツ部門の売上は4324億ウォンで、前四半期比6%、前年同期比25%成長した。 有料コンテンツはカカオページとピッコマの国内外の利用者及び取引額の成長の勢いを受け、売り上げが前期比13%、前年同期比52%成長した919億ウォンと集計された。

ミュージックコンテンツの売上はメロンの存利用者に対するリテンションの強化とプロモーション効率化努力で、前四半期比5%増加、前年同期比11%増加した1,515億ウォンだ。 ゲームコンテンツは前四半期および前年同期比類似した水準の990億ウォンを記録し、IPビジネス・その他の売上はオンラインや免税店チャネルの拡張に支えられ、前期比10%増加した。 前年同期比ではカカオMのマネジメントIP事業の拡大やカカオIXの国内外のチャンネル拡張に伴う売上成長で、79%増加した901億ウォンを記録した。
top