韓進会長の趙源泰、構造調整予告…“利益の出ない事業は捨てる”

박수정 기자

登録 : 2019-11-21 16:20 | 修正 : 2019-11-21 16:20

[韓進会長の趙源泰、構造調整予告…“利益の出ない事業は捨てる”]



趙源泰(チョ・ウォンテ)韓進(ハンジン)グループ会長が強力な構造調整を予告した。

趙会長は19日(現地時間)、米ニューヨークで韓国特派員たちと昼食懇談会を開き、"航空輸送や航空機製作、ホテルを含めた旅行など主力事業を除いては整理するものがある"とし、このように明らかにした。

趙会長は4月に死去した父親の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)前韓進グループ会長に授与される「2019年ヴァン・フリート賞」受賞のため、18日から3泊4日の日程でニューヨークを訪問した。ヴァン・フリート賞は韓米親善非営利団体のコリアソサエティーが両国関係の発展に貢献した人物に授与する賞で、故人が受賞者に選ばれたのは初めてだ。

趙会長は合併買収(MA&)などを通じた新規事業への進出は控える意向を示した。 彼は“運送事業とそれに関連した事業以外には関心がない”とし、“あるものも守るのも難しい環境であるだけに、追加で事業を広げるつもりはない”と語った。

HDC現代産業開発のアシアナ航空の買収による影響について、趙会長は“アシアナ航空の財務構造が改善され、競争が激しくなる可能性がある”とし、“大韓航空も早く財務構造を改善して対応しようとしている”と述べた。」

財務構造の改善策としては費用構造の再編を取り上げた。 大韓航空の黒字転換時期を問う質問には"航空業が景気より6ヵ月先行する"とし、"2021年初め頃にならなければならないようだ"と話した。 大韓航空は3/4四半期に2118億ウォン(別途基準)の当期純損失を記録した。

韓進グループの持ち株会社の韓進KALの2大株主である国内行動主義ファンド「KCGI」の経営権の脅威については、自信をほのめかした。 趙会長は"友好持ち分を確保することが一番重要だ"、"(3月の株主総会で)一度体験したため、今後、もっと容易に対応できるようだ"と話した。

韓進グループのトップとして目指す企業文化についての質問に対し、趙会長は“韓進グループは全体的に保守的だ”とし、“(企業文化が)より若くなる余地があると思う”と述べた。

彼は"9月1月から服装の自由化を実施したが、初日、ジーンズを着て出勤したところ、職員たちがみんなびっくりした"、"今も外部の約束がない日はスーツの代わりにカジュアルを着ていく。 来年の夏にはショートパンツも着て出社しようと思う“と話した。 また、”社員とのコミュニケーションも増やそうとしている“とし、”オンライン匿名掲示板に書き込まれた内容に直接回答を付けたりもする“と述べた。

最後に趙会長は“これまで非常に恥ずかしい姿をお見せしてきた。 すぐに信頼が回復するとは思わない”とし、“今後良い姿をお見せする以外に方法はないようだ。 国民から信頼を得られる企業に成長できるよう努力する”と語った。
top