3世代K5、事前契約の3日間で1万台突破の新記録

박수정 기자

登録 : 2019-11-26 16:10 | 修正 : 2019-11-26 16:10

[3世代K5、事前契約の3日間で1万台突破の新記録]



起亜(キア)自動車の3世代K5が類例のない歴史を書いている。 起亜車のモデルの中で、歴代最短期間である3日ぶりに事前契約1万台を突破した。

26日、起亜車によると、21日から全国営業店を通じて事前契約に入った3世代K5の契約台数は3日ぶりに1万28台を記録した。 これは2014年6月に発売した「オールニュー・カーニバル」が保有していた16日の記録をなんと13日も短縮させたのだ。

3世代K5の顧客反応速度は起亜自動車の史上前例のないほど速かった。 事前契約の初日、既存の2世代K5の今年1~10月一ヵ月の平均販売台数3057台より約2倍も多い7003台が契約された。

起亜車は3世代K5に大きな期待をかけている。 先立って、グォン・ヒョクホ・国内事業本部長(副社長)は"オンラインを中心に新しい「K5」に対する反応が熱い"、来年の内需販売目標は年間7万台と説明したことがある。

実際、今回のK5の事前契約新記録は世界的なSUVブームで、この5年間(2014~2018年)、国産中型セダンの産業需要がなんと19.8%も減少する厳しい状況で達成したのだ。
top