「『年14兆ウォン』の酒類市場、オンライン販売拡大を制限しなければ」

양정미 기자

登録 : 2019-11-26 20:30 | 修正 : 2019-11-26 20:30

[写真=聯合ニュース(韓国スーパーチェーン流通事業協同組合のクォン・ヨンギル理事長が26日、ソウル中小企業中央会の記者室で酒類オンライン販売制限を促す声明を発表している)]


一部の団体が酒類のオンライン販売拡大のために、国会と政府に立法請願活動などの動きを見せると、中小流通商人で構成された韓国スーパーチェーン流通事業協同組合が反発を強めている。

スーパーチェーン組合は26日、汝矣島(ヨイド)中小企業中央会で記者会見を開き、「韓国オンラインショッピング協会が国会と政府を相手に、オンライン酒類販売をすべての酒類に拡大してほしいという立法請願活動をしている」と主張した。

彼らは、「オンライン酒類販売を認めると、青少年や挙動が不便な老人、アルコール中毒者の酒の購入が容容易になり、弊害も深刻なるだろう」とし、「飲酒による社会費用が10兆ウォンを超えるなど弊害が増加しているのに、すべての酒類のオンライン販売を許容すると、これに伴う社会的費用と国民健康はどのように責任を負うことができるか」と憂慮した。

また、「スーパーマーケットやコンビニなど零細中小流通商人たちは売り上げの相当な部分を酒類販売輸入に頼っている」とし、「零細中小流通商人たちは最低賃金引き上げ、労働時間の短縮、消費萎縮の影響で廃業が増えるなど困難が加重されている」と強調した。

スーパーチェーン組合によると、昨年基準、韓国の酒類市場規模は年間14兆ウォンだ。このうち、小売店別の販売量はスーパーマーケットが40%、コンビニエンスストアが33%、大型マート(SSM含む)が27%だ。

現在、オンライン販売が可能な酒類は伝統酒だけだ。2017年7月、政府は伝統酒振興の次元でオンライン販売を許容した。伝統酒市場規模は昨年基準で約450億ウォンであり、全体の酒類市場の0.3%を占める。

 
top