SKグループの崔泰源会長、世界的な狂暴行動通じて「社会的価値」導波

박수정 기자

登録 : 2019-12-09 12:02 | 修正 : 2019-12-09 12:02

[SKグループの崔泰源会長、世界的な狂暴行動通じて「社会的価値」導波]



SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長は今年、中国と米国、ベトナムなどグローバル的な狂暴行動を通じ、彼の経営哲学である「社会的価値」に関する共感を引き出している。

8日、業界によると、崔会長は最近行われた東京フォーラムを含む北京フォーラム、南京フォーラムなど国内外のフォーラムで、グローバルレベルの集団知性の発揮と共同行動、大胆な挑戦と革新などを解答に、「社会的価値」について強調しているという。 崔会長は企業の役割を社会的価値に拡張し、経営哲学に対する確固たる信念を見せている。

実際、崔会長は企業が社会的問題を解決しなければならないという信頼の社会的価値を核心動力にし、グループの力量を結集している。 SKグループは昨年、280億ドル(約33兆3564億ウォン)の経常利益を出し、146億ドル(約17兆3929億ウォン)規模の社会的価値を創出したと明らかにしている。

特に崔会長は社会的価値という経営哲学への伝道通路として、国内外のフォーラムを積極的に活用している。 彼は1月にスイスで開かれたダボスフォーラムに出席し、「企業価値に対する新たなアプローチ」をテーマにしたセッションを開催した。 さらに、3月には「アジアのダボスフォーラム」と呼ばれる博鰲フォーラムで、韓国財界の人物としては唯一開幕式の公式講演者として参加した。

開幕式前日の公式セッションの一つとして「社会的価値と企業の役割セッション」を進め、持続可能な発展のための企業の役割と社会問題解決のための方法に関する挑戦課題などを重点的に取り上げた。

5月には「2019上海フォーラム」に出席したのに続き、ソウルグランドウォーカーヒルホテルで国内初の社会的価値祭り「ソーシャルバリューコネクト2019(Social Value Connect 2019)」を開催した。 自分の提案で開かれたこの行事で、崔会長は改めて社会的価値の重要性を強調した。

8月に開かれた「2019 利川(イチョン)フォーラム」では人工知能(AI)、デジタル転換(DT)など革新技術を活用して社会的価値を創出し、顧客の範囲を拡張して顧客の幸せを作りて出さなければならないと強調した。 これにより、SKが追求してきた「ディープチェンジ(Deep Change=根本的変化)」を実現できるということだ。

以外にも8月には中国重慶、9月には米国ワシントンDCなどを訪れ、先月22日には中国南京フォーラムに出席し、マシンラーニング、AIなどの先端技術を社会的価値の創出に活用する方法論を説明した。

今月初めにポスコが開催した「企業市民ポスコ、成果共有の場」には特別講師として演壇に上がったりもした。 ポスコの「企業市民」とSKグループの「社会的価値」の組み合わせを確認した。

崔会長の社会的価値哲学は今後も続く展望だ。 SKはバスフ、世界銀行、経済協力開発機構(OECD)、グローバル4代コンサルティング法人などと非営利法人「VBA(Value Balancing Alliance)」を作って社会的価値測定の国際標準を作っている。
top