コスピ、3日連続上昇して引け・・・2090ポイント回復

양정미 기자

登録 : 2019-12-10 20:11 | 修正 : 2019-12-10 20:11

[写真=亜洲経済DB]


コスピが3日連続で上昇して取引を終えた。

10日、コスピは前取引日より9.35ポイント(0.45%)上がった2098.00で取引を終えた。この日の指数は7.43ポイント(0.36%)下がった2081.22で出発した後、上昇に転じて上向き曲線を描いた。

有価証券市場で個人と外国人はそれぞれ1309億ウォン、190億ウォン分を売りさばいた。一方、機関は唯一1164億ウォンを買い越した。

業種別では、運輸倉庫(1.58%)と繊維衣服(1.28%)、建設業(1.19%)、運輸機器(1.15%)、証券(0.92%)、流通業(0.85%)、化学(0.63%)が上がった。

時価総額上位銘柄別では、サムスン電子が前取引日比300ウォン(0.59%)上がった5万1500ウォンに取引を終えた。サムスンバイオロジクス(0.52%)、現代自動車(0.42%)、現代モービス(1.98%)、LG化学(1.36%)も上昇した。

一方、コスダック指数は前取引日より0.75ポイント(0.12%)下がった627.11で取引を終えた。コスダック市場では、個人が唯一943億ウォン分を買い入れた。反面、機関と外国人は、それぞれ613億ウォン、252億ウォン分を売り越した

コスダック時価総額上位10銘柄は、エイチエルビー(4.52%)、CJ ENM(0.07%)、ヘリックスミス(1.11%)を除いてすべて下落した。セルトリオンヘルスケア(-0.97%)、パールアビス(-0.95%)、スタジオドラゴン(-0.66%)、ケイエムダブリュ(-4.30%)、ヒュジェル(-0.61%)、SKマテリアルズ(-0.24%)、パラダイス(-0.27%)などが下落した。
 
top