現代自の新型ソナタ、サウジで好評

박수정 기자

登録 : 2019-12-17 14:12 | 修正 : 2019-12-17 14:12

[現代自の新型ソナタ、サウジで好評]



現代(ヒョンデ)自動車の新型ソナタが中東最大の自動車市場であるサウジアラビアで、高い製品競争力を認められている。

16日、現代自動車によると、新型ソナタ(DN8)は10日、サウジアラビア・ジッダで開かれた「第41回目のサウジ国際モーターショー」(SIMS)で、「2020セダン部門の最高の車」に選ばれた。

この賞はサウジ自動車専門記者団がその年に発売された新車の性能、デザイン、便宜、安全仕様などを総合評価して選定する。

ソナタは先端便宜仕様、知能型安全技術、革新的なデザインなどを肯定的に評価されたという。

実際、ソナタには遠隔スマート駐車補助、ナビゲーション自動無線アップデート、後部座席の乗客お知らせなど先端技術が大挙搭載されている。 このほか、前方衝突防止補助、車道維持補助、車道離脱防止補助など安全・便宜仕様も基本装着されている。

新型ソナタはこれに先立ち、中東地域の自動車専門メディア「アラビアンドライブ」から「若者のための最高のセダン」に選ばれた。

新型ソナタは中東地域で現代車の早い成長を積極的に牽引する見通しだ。 サウジの年間自動車需要は40万~50万台水準だ。 今年に入って10月まで自動車需要が前年同期比27%増加するなど急成長を続けている。

現代自は昨年、にサウジで7万7332台を販売し、トヨタ(13万7795台)に続いて販売2位のブランドの座を守った。 今年は10月まで計10万845台を販売し、昨年比の販売実績を62%増やした。

新型ソナタは9月、サウジに本格的な発売を開始した後、先月まで計4267台が売れた。 旧型ソナタを合算した総販売量は1万9563台だ。
top