KT、5Gの品質管理にAI技術適用する

박수정 기자

登録 : 2020-01-10 11:29 | 修正 : 2020-01-10 11:29

[KT、5Gの品質管理にAI技術適用する]



KTが5G(5世代移動通信)ネットワークの最適化と管制領域に人工知能(AI)技術を適用して5G品質を強化する。

KTは5G基地局の最適化に人工知能技術を適用した「5G AIKON」を開発し、ビックデータ基盤に基地局を自動最適化することにより、より迅速かつ正確に最適の5G品質を提供できるようになったと9日、明らかにした。

5G AIKONを通じた基地局の最適化は学習データを基にしたリアルタイム自動調整過程と、それを通じた最適の結果値を引き出す作業で行われる。

まず、基地局周辺のカバレッジと無線周波数品質、建物の高さなどの環境データ、アンテナの傾き、高さデータなどを学習し、これを通じて最適な基地局設定モデルを抽出する。 抽出した設定値を遠隔で適用し、リアルタイム結果を反映した自動的な微細繰り返し調整作業を通じ、約2分以内に自動的に最適の結果値を引き出すことができる。

KTは5G AIKONを活用すれば、現場にエンジニアが出動しなくてもこのような一連の過程を遠隔で適用及び結果の確認まで可能なため、予想できなかった環境の変化とイベントの発生状況でも速くて效率的な品質最適化を進めることができるものと期待している。

実際にKTは今年新年を迎えたソウルの普信閣(ポシンカク)の打鐘イベント会場にも5G AIKONを適用し、行事場の周辺に数多くの人波が殺到したにもかかわらず、快適な5G疎通率を記録した。

また、KTは顧客体感品質の向上に向けてKTが独自開発して運用中のビッグデータ基盤の無線品質分析システム「KT WiNG」から抽出した5G品質データを基に、5G AIKONの学習結果の精度を持続的に向上させている。

さらに、KTは5Gネットワーク管制領域にも初めてAI技術を適用した「5G AI管制システム」を運営していると明らかにした。

KTが運営中の5G AI管制システムはKTだけのネットワーク運用・管制のノウハウをデータ化し、ネットワーク機器で収集した信号・トラフィックアラーム・ログなどのビックデータを基盤にディープラーニングを通じてAI障害予測モデルをつくる。 このような障害予測モデルをベースにシステムで異常な兆候が感知される場合、予測アラートを表示し、自動的に分析を行い、状況を診断し、処置ガイドを提示する。

ネットワーク運用者が直接障害を認知し、処置を行っていた既存のネットワーク管制領域にAI技術を適用することにより、障害発生前により迅速かつ的確な分析。対応が可能となり、障害被害を最小限に抑えることができる。
top