現代車グループ、UAM事業部のグローバル戦略および運営総括に「Pamela Cohn」選任

박수정 기자

登録 : 2020-01-15 11:57 | 修正 : 2020-01-15 11:57

[現代車グループ、UAM事業部のグローバル戦略および運営総括に「Pamela Cohn」選任]



現代(ヒョンデ)自動車グループが人材スカウトを通じた都心航空モビリティ(UAM)事業の影響力拡大に拍車をかける。

14日、主要外信などによると、現代車グループは最近、Pamela CohnをUAM事業部でグローバル戦略及び運営を導く副社長に任命した。

Cohn副社長は英国のキングスカレッジロンドンで戦争研究修士号を取得し、ダーラム大学で経済学と政治学の学士号を取得した.

マッキンゼーのUASハブを設立し、航空宇宙および国防インフラの実務役割を担った。 その後、航空コンサルティング会社の「Ascension Global」を導き、革新的な技術に対する市場および規制戦略の専門家として活動した。

今回現代車グループに移る際、「Ascension Global」のUAM専門家らで構成されたチームも一緒に連れてきた。 彼らは核心戦略、技術および政策課題に対して全世界の多様な顧客にサービスを提供した経験がある。

Cohn副社長は今後、現代自動車グループで全世界の大都市の交通混雑問題を解決するための統合モビリティソリューションを構築するのに重要な役割を担う予定だ。 これにより、革新的かつスマートなモビリティソリューションを提供することを目指している。

現代自動車グループは次世代の成長動力として「都心航空」事業を指定した後、立地先取りに向け、全社をあげて取り組んでいる。 最近はウーバーと航空乗車共有を共にすることに合意しながら、両社の初の協力の成果である個人用飛行体(PAV)コンセプト「S-A1」の実物を初めて公開したりもした。
top