LGディスプレイ、昨年の年間赤字1兆ウォン超え…LCD構造調整の余波

박수정 기자

登録 : 2020-01-31 17:16 | 修正 : 2020-01-31 17:16

[LGディスプレイ、昨年の年間赤字1兆ウォン超え…LCD構造調整の余波]



LGディスプレイが昨年の年間ベースの営業損失1兆ウォンを突破し、史上最悪の実績を記録した。

31日、LGディスプレイは韓国採択国際会計基準(K-IFRS)によって、昨年の売上23兆4756億ウォン、営業損失1兆3594億ウォンを記録したと発表した。 売上は前年比4%減少しており、営業利益は赤字に転換した。

昨年4四半期の売上は6兆4217億ウォン、営業損失は4219億ウォンを記録した。 売上は前年同期比8%減少し、営業利益も赤字へと転じた。

直前の四半期と比較しては売上が10%増加した。 液晶表示装置(LCD)テレビファブの縮小で、LCDパネルの出荷は減少したが、有機発光ダイオード(OLED)テレビとプラスチックOLED(P-OLED)スマートフォン出荷の増加などの影響で、面積当たりの販売価格が前四半期比18%上昇した影響だ。

ただ、営業赤字は前期比改善幅が大きくなかった。 P-OLEDの物量は拡大したが、本格的な量産によって固定費が増え、LCD構造革新過程での損失持続による影響というのが会社側の説明だ。

当期純損失は1兆8171億ウォンを記録した。 会計基準による資産損傷評価の結果、1兆6000億ウォンを損傷処理しながら、営業外費用で反映した。 OLED照明事業の撤退決定による損傷2000億ウォンとP-OLED事業環境の悪化要因を反映した1兆4000億ウォンが損傷処理された。

資産損失処理によって純損失規模が一時的に拡大したが、これは現金支出のない帳簿上の減額であるため、事業運営の根幹となる営業利益と現金の流れには影響がないとLGディスプレイは説明した。 償却前の営業利益(EBITDA)は5864億ウォン(EBITDA利益率9%)を記録した。

昨年4四半期の製品別の売り上げ比はモバイル用パネルが全社の売り上げのうち、最も大きな割合を占めた。 P-OLEDスマートフォン出荷の増加で、前四半期比8%ポイント増加した36%を記録した。

テレビ用パネルはLCD構造の革新による汎用テレビの売上の縮小で、前期比4%ポイント縮小された28%を記録した。 ノートパソコンやタブレット用パネルは20%、モニター用パネルは16%を占めた。

LGディスプレイの4四半期の主要財務指標は負債比率185%、流動比率93%、順次金比率81%で、資産の損傷によって一部の指標が悪化した。

LGディスプレイは中国広州工場の本格稼動と共に、大型OLEDの売上げが大幅に成長するものと期待している。 P-OLED事業でもオート用製品とスマートフォン物動の安定化に支えられ、下半期以後から実績改善の機会を作っていく計画だ。
top