サムスンエンジニアリング、昨年の営業利益3855億ウォン…前年比87%↑

박수정 기자

登録 : 2020-02-03 11:26 | 修正 : 2020-02-03 11:26

[サムスンエンジニアリング、昨年の営業利益3855億ウォン…前年比87%↑]



サムスンエンジニアリングが昨年、4000億ウォンに近い営業利益で、年間展望値を越えた。

サムスンエンジニアリングは31日、暫定業績の公示を通じ、2019年の年間売上と営業利益がそれぞれ6兆3680億ウォン、3855億ウォン、純利益は2956億ウォンを記録したと発表した。前年対比売上と営業利益、純利益はそれぞれ16.2%、87.1%、321.1%増加した。 昨年4四半期の業績は売上げ1兆7553億ウォン、営業利益667億ウォン、純利益472億ウォンを記録した。

新規受注は7兆ウォンを記録しながら、受注残高は14兆2000億ウォンに増えた。 2年分を超える仕事を確保することになった。 サムスンエンジニアリングはこれで昨年の年間実績展望値の受注6兆6000億ウォン、売上6兆2000億ウォン、営業利益3000億ウォン全額を超過達成した。

実績の背景について、会社関係者は"最近の2~3年間、受注した良質の海外プロジェクトの売上が本格的に実績に反映され、化工部門を中心に実績の改善の流れを見せた"、"産業環境部門も安定的な収益構造を引き継ぎ、実績好調を見せた"と明らかにした。

サムスンエンジニアリングは今年の経営見通しの公示を通じ、受注10兆5000億ウォン、売上6兆ウォン、営業利益3400億ウォンの業績予測した。 会社は今年で創立50周年を迎え、堅調な実績と技術革新を通じ、中長期的な持続的成長の土台をまとめる計画だ。
top