​​済州航空、昨年の営業損失329億ウォン…赤字転換

박수정 기자

登録 : 2020-02-12 16:14 | 修正 : 2020-02-12 16:14

[​​済州航空、昨年の営業損失329億ウォン…赤字転換]



済州航空は連結財務諸表基準の昨年の営業損失が329億ウォンで、前年比赤字転換したと11日に公示した。

昨年の売上高は1兆3840億ウォンで、前年比9.9%増加したが、当期純損失は341億ウォンで、赤字転換した。

連結基準の昨年4四半期の営業損失は451億ウォンで、前年同期比の赤字転換しており、売上高は3094億ウォンで、前年同期比2.5%減少した。 昨年4四半期の当期純損失は166億ウォンで、赤字幅が増えた。

済州航空は昨年の業績悪化の主な原因は供給過剰による競争が激化している中、日本不買運動、香港デモなどで、短距離旅行の需要が全般的に萎縮したためだ。

済州航空の関係者は"昨年3四半期から日本輸出規制による不買運動の影響が本格的に反映され始め、香港デモなどが重なり、旅行需要が急激に萎縮された"、"前年比悪化した為替相場など否定的な外部要因が業界全般にわたって影響を及ぼした"と述べた。
top