政府、「Kコンテンツ」に1兆6千億ウォン投入・・・ゲーム法改正、ネットフリックス対抗「OTT協議制」開設
文体部2020年の業務計画発表…今年上半期内に音源買い占め対策作り

양정미 기자

登録 : 2020-03-05 17:33 | 修正 : 2020-03-05 17:33

[写真=聯合ニュース(文化体育観光部のキム・ヨンサム第1次官)]


政府が主力輸出品目であるゲームや映画・ドラマ、K-POPのような「韓流コンテンツ」産業を支援するために、1兆6850億ウォンを投入する。まず、今年の上半期内にゲーム業界育成のための「ゲーム法(ゲーム産業振興に関する法律)」を全面改正する。ネットフリックスなどグローバルOTT(動画ストリーミングサービス)に対抗するためにコンテンツ制作を支援し、OTT海外進出協議体も立ち上げる。これまで地道に提起されてきた「音源買い占め」を防ぐ対策も今年上半期中に打ち出す。

文化体育観光部が5日、政府ソウル庁舎でこのような内容を盛り込んだ2020年の業務計画を発表した。

文体部は昨年、コンテンツ産業の輸出が過去最大の103億3000万ドル(約12兆3000億ウォン)を突破して韓流の拡散に大きな役割をしているとし、今年も関連産業の成長に向け、計1兆6850億ウォンを投入すると明らかにした。これは、映画やゲーム、放送業界の創業と人材育成、コンテンツ制作支援に使われる。

ゲーム業界の成長を支援するために、今年上半期内にゲーム法全面改正を推進する計画だ。ゲーム法全部改正案は、韓国内の主類ゲームであるPCオンラインゲームとモバイルゲームを「オンラインゲーム提供事業」に統合し、法・制度づくりの際に柔軟性を高め、韓国ゲーム産業を支援するために韓国ゲーム振興院とゲーム産業振興団地、ゲーム産業振興施設、ゲーム業界協議体を設立するという内容を盛り込んでいる。特にゲーム振興院は、ゲーム開発や制作、流通を支援し、海外進出と起業支援を担当するものと予想される。

文体部はこの他にもeスポーツの活性化に向けて、今年11月中に韓国と中国、日本が共同で開催するeスポーツ大会を開催し、PC房(インターネットカフェ)100ヵ所をeスポーツ施設に新規指定する方針だ。

ネットフリックスのようなグローバルOTTサービスが韓国市場に急速に浸透することに対応し、韓国コンテンツ流通と海外進出を支援するために4億3000万ウォンを投入する。wavve、TVINGのような韓国内のプラットフォームが海外に進出できるように支援する「OTT海外進出協議体」も新設する。

文体部の関係者は「海外のプラットフォームに韓国のコンテンツの輸出を増やすことが最初の戦略であり、より根本的には韓国のプラットフォーム自体の力量を高めることだ」とし、「プラットフォームの力量を高める問題は文体部だけでは足りず、関係部署と協力する計画だ」と説明した。

Melon(メロン)、genie(ジニー)ミュージックのような音源プラットフォーム内で引き続く提起されている音源買い占め疑惑に関する対策も今年上半期に打ち出す。文体部は警察庁と共同対応しており、音源買い占めを判断する具体的な基準と制裁案を用意する方針だ。

文体部のキム・ヨンサム第1次官は「映画『パラサイト』と防弾少年団の事例から分かるように、私たち(韓国)の文化が世界で認められているという点は肯定的であり、国家イメージ向上だけでなく、経済効果を創出し、韓国文化の新たな活力となっている 」とし、「すべての政策と手段を動員し、文化産業の活性化に邁進する」と述べた。
top