イースター航空、国際線に続き 国内線も運航中止

박수정 기자

登録 : 2020-03-23 11:30 | 修正 : 2020-03-23 11:30

[イースター航空、国際線に続き 国内線も運航中止]



イースター航空が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の拡散で、24日から1ヵ月間、国内線の全線運航を休止する。

21日、航空業界によると、イースター航空は24日から来月25日まで金浦・清州・群山~済州路線を運航中止する。 イースター航空は9日、日本政府の入国強化措置で、日本行きの運航を中断し、国内線の運航まで中断したことで、事実上「シャットダウン(shutdown)」状態になった。

イースター航空は既に航空券を予約した顧客の場合、買収企業の済州航空便を代替便として連結する。

これに先立ち、エアソウルが今月初めから金浦~済州を除いた全路線の運航を中断したが、国籍航空会社の中でコロナ19の影響で、国際線と国内線の運航を全て中断し、シャットダウンに入るのはイースター航空が初めてだ。

一方、コロナ19の影響で、エアソウル、エアプサン、ティーウェイ航空は国際線路線の運航を全て中断し、国内線だけを運航している。
top