ジェニシス「G80」、海外メディアから好評…"BMW5シリーズの強力なライバル"

박수정 기자

登録 : 2020-04-06 16:34 | 修正 : 2020-04-06 16:34

[ジェニシス「G80」、海外メディアから好評…"BMW5シリーズの強力なライバル"]



ジェネシスの核心モデルである第3世代「G80」が海外でも好評を受けている。

ジェネシスは6日、現代自グループの広報サイト「HMGジャーナル」を通じてこのように明らかにした。

外国メディアは特に、ジェネシスG80のデザインと関連し、よい評価を出している。 米国の有名自動車専門誌のCar and Driverは"私たちは新しいG80に感動した"という見出しの記事で、"G80に適用されたジェネシスブランドの新デザイン言語は独特で優雅だ"と言及した。

グローバル自動車専門サイトのMotor1は"GV80を通じて先に披露した独創的な外観を乗用車の形態に合わせてよく解釈して適用した"とし、"ドイツ車が掌握した高級乗用車市場で新鮮に感じられる"と評価した。

Jalopnikは"5.0ミリV8エンジンが外れて残念だが、このように美しいデザインなら、十分に満足する"と述べた。

Motortrendは"インテリア品質はどの競争モデルにも劣らない"とし、"非常灯と始動ボタンがダッシュボードウッドトリムにどのように適用されたのかよく見てほしい"と述べた。

性能に関する期待も出た。 Autoblogは"軽量化素材を適用し、以前より軽くなった"とし、"米国には2.5ターボと3.5ターボエンジンが出るが、3.5ターボは最高出力375馬力で、既存の3.3ターボエンジンより強力だ"と紹介した。

多くの海外メディアはG80のこのような性能がラグジュアリー大型乗用車市場での競争力を高めると評価した。

Autoblogは"ジェネシスはエンジンだけアップグレードしたのではない"とし、"アルミニウムをはじめとする軽量化素材を適用し、以前のG80に比べて125㎏が軽くなった"と言及した。

Road&Trackは"新型G80はBMW 5シリーズの強力なライバル"という見出しの記事で、"新しい後輪駆動プラットフォームと3.5ターボエンジンが楽しさを与えるだろう"と述べた。

Motortrendは"新型G80が以前のモデルと比べて真の発展を遂げており、競争力が同級で最も優れていると思う"と述べた。

ジェネシスによると、G80は国内契約初日に2万2000台という新記録を立てた。 ジェネシスは今年下半期の米国市場での発売を控えているG80がGV80と共に、ラグジュアリー市場での成果を上げるものと期待している。
top